メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

読書感想文の虎の巻

夏休みも終盤。小中学生の宿題に役立つ「読書感想文の書き方」指南本の読書感想文

大山くまお ライター

●『必ず書ける あなうめ読書感想文』(Gakken)

監修 青木伸生(筑波大学附属小学校教諭)

拡大

 2007年に初版刊行、これまでに11刷を重ねたロングセラー。昨今、小学生向けに「あなうめ」系の参考書が多いが、本書がその嚆矢とも言える。対象年齢は明記されていないが、平易な例文が多く小学1年生からでも使うことができそう。

 とにかくポイントは「あなうめ」。たとえば「うさぎとかめ」なら、「(うさぎ)は、なんて(ばかなことをしてしまった)んだろう。これが、読み終えたときに、さいしょに感じたことです」という具合。最初のカッコには登場人物を書き、二番目のカッコには登場人物について思ったことを書く。この調子でポイントの穴埋めを続け、最後に清書すればできあがり。

 国語の問題を解くような調子で進んでいくので、教える側も教えやすい。ただし、似たような仕上がりの読書感想文が量産されることになり、「これでいいの?」とも少し思う。読書や国語が苦手な子、あるいは低学年向けと考えるべきだろう。

●『ドラえもんの国語おもしろ攻略 読書感想文が書ける』(小学館)

監修 宮川俊彦(国語作文教育研究所所長)

拡大

 「ドラえもんの学習シリーズ」の中の1冊。初版は2013年で、現在までに9刷。対象年齢は明記されていないが、

・・・ログインして読む
(残り:約1885文字/本文:約3957文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

大山くまお

大山くまお(おおやま・くまお) ライター

1972年生まれ。出版社勤務を経てフリーに。映画、ドラマ、音楽、プロ野球などカルチャー全般についての取材、執筆、企画立案、編集などを行う。著書に『「がんばれ!」でがんばれない人のための“意外”な名言集』(ワニブックス)、『野原ひろしの名言 「クレヨンしんちゃん」から学ぶ幸せの作り方』(双葉社)、『名言力 人生を変えるためのすごい言葉』(SB新書)など。「文春野球ペナントレース2018」中日ドラゴンズ監督。

※プロフィールは、論座に執筆した当時のものです