メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

必見!『女と男の観覧車』 カメラ、BGMの冴え

7色のマジックのような画づくり、メロウな往年のポップス

藤崎康 映画評論家、文芸評論家、慶応義塾大学、学習院大学講師

ウディ・アレン拡大ウディ・アレン監督=2005年

作中人物兼語り手の面白さ

 『女と男の観覧車』のストーリーテリングで面白いのは、ミッキー/ジャスティン・ティンバーレイクが、作中人物兼語り手であるという点だ。ビーチの監視員席に座ったミッキーは、冒頭から観客に向かって語りかけ、観客を作中にスムーズに導入し、その後も何度かカメラ目線でセリフを発し、あるいは画面外のナレーターとなって、進行中のドラマについて手際よくコメントする(ミッキーの視点は当然、ドラマのすべてを見渡す「神の視点」ではないゆえ、彼は不完全な語り手だが)。

 むろんこうした手法は、ウディ・アレンの専売特許ではない。しかし彼は少なくとも2本の傑作――『アニー・ホール』と『僕のニューヨークライフ』(2003)――で、語り手兼作中人物が観客に語りかける、という手法を成功させている(前者ではアレン自身、後者ではジェイソン・ビッグスが語り手兼主人公)。また、どんな環境にも素早く適応できる奇人を描いた傑作コメディ、『カメレオンマン』(1983)ではパトリック・ホーガンの滑らかなナレーションが、破天荒な物語を巧みにコントロールしている。さらにまた、第二次大戦後のアレンの子供時代を描いた自伝的映画『ラジオ・デイズ』(1987)や、1930年代ハリウッドの虚実を浮き彫りにした『カフェ・ソサエティ』(2016)などの佳作では、アレンがナレーターのみを務めているが、ともかく才人アレンは、<何を語るか>だけでなく<いかに語るか>についても、つねに腐心してきたシネアストだ(推測するにアレンのナレーション好きには、一人でステージに立って喋りまくるスタンダップコメディの芸人出身、ということのほかに、彼と親交のあった仏ヌーヴェル・ヴァーグの旗手の一人、フランソワ・トリュフォーの影響もあるのではないか)。

名カメラマン、ヴィットリオ・ストラーロの貢献

 前稿で述べたように、『女と男の観覧車』のケイト・ウィンスレットの過剰な演技が、危うい魅力を放つもう一つのポイント、それは名手ヴィットリオ・ストラーロ(1940~)のカメラだ。 ・・・ログインして読む
(残り:約2345文字/本文:約3277文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

藤崎康

藤崎康(ふじさき・こう) 映画評論家、文芸評論家、慶応義塾大学、学習院大学講師

東京都生まれ。映画評論家、文芸評論家。1983年、慶応義塾大学フランス文学科大学院博士課程修了。著書に『戦争の映画史――恐怖と快楽のフィルム学』(朝日選書)など。現在『クロード・シャブロル論』(仮題)を準備中。熱狂的なスロージョガ―、かつ草テニスプレーヤー。わが人生のべスト3(順不同)は邦画が、山中貞雄『丹下左膳余話 百万両の壺』、江崎実生『逢いたくて逢いたくて』、黒沢清『叫』、洋画がジョン・フォード『長い灰色の線』、クロード・シャブロル『野獣死すべし』、シルベスター・スタローン『ランボー 最後の戦場』(いずれも順不同)

藤崎康の記事

もっと見る