メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

吉田類と太田和彦、どっちのほうが美味しいか?

青木るえか エッセイスト

太田和彦さんのほうが「食い物屋寄り」

太田和彦(おおた・かずひこ)さん=仙台市青葉区拡大太田和彦さん=仙台市青葉区で

 それでも、二人にはちがいがある(当たり前だ)。

・・・ログインして読む
(残り:約1244文字/本文:約2298文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

青木るえか

青木るえか(あおき・るえか) エッセイスト

1962年、東京生まれ東京育ち。エッセイスト。女子美術大学卒業。25歳から2年に1回引っ越しをする人生となる。現在は福岡在住。広島で出会ったホルモン天ぷらに耽溺中。とくに血肝のファン。著書に『定年がやってくる――妻の本音と夫の心得』(ちくま新書)、『主婦でスミマセン』(角川文庫)、『猫の品格』(文春新書)、『OSKを見にいけ!』(青弓社)など。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

青木るえかの記事

もっと見る