メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

『手をなくした少女』心の奥底まで表現した線の色

セバスチャン・ローデンバック監督は語る

叶精二 映像研究家、亜細亜大学・東京工学院講師

© Les Films Sauvages – 2016拡大『手をなくした少女』の特別先行上映会では、セバスチャン・ローデンバック監督(右)と片渕須直監督とのトークショーが行われた=2018年7月9日、東京・渋谷のユーロスペースにて

『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』
2016年/フランス/76分 原題/La jeune fille sans mains 
監督/セバスチャン・ローデンバック 原作/ヤコブ・L・C・グリム、ウィルヘルム・C・グリム「手なしむすめ」 脚本/セバスチャン・ローデンバック 編集/サンティ・ミナーシ 音楽/オリヴィエ・メラノ
〔声の出演〕少女/アナイス・ドゥムースティエ、王子/ジェレミー・エルカイム、悪魔/フィリップ・ローデンバック、庭師/サッシャ・ブルド
8月18日(土)よりユーロスペースほか全国順次公開中
© Les Films Sauvages–2016 
公式サイト

『かぐや姫の物語』『この世界の片隅に』とのつながり

――セバスチャン・ローデンバック監督は、亡くなった高畑勲監督を尊敬されていると伺っております。高畑勲監督はフレデリック・バック監督を師として大変尊敬されていました。そこにアニメーション制作の志のつながりと申しますか、受け継がれていくものを感じました。

ローデンバック 高畑勲監督の『かぐや姫の物語』(2013年)には心から感動しました。作品ごとに実験的な技法に取り組んでいた姿勢も心から尊敬しています。ただ、『かぐや姫の物語』を観たのは『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』の制作開始から随分経ってからでしたので、直接的な影響を受けた訳ではありません。しかし、『かぐや姫の物語』と『手をなくした少女』、そして片渕須直監督の『この世界の片隅に』(2016年)には多くの共通点を見出すことが出来ます。社会によって虐げられた女性の生き様を描いた作品であること、人の手で人物を生き生きと描いたアニメーションであること、飾りの多い流行とは異なる簡素なキャラクターであること、自然の美しさを描いていることなどです。この3作品が同じ時代に生まれたということにも感動を覚えます。

――後半に少女と息子が野原で並んで排泄をするシーンがあります。高畑勲監督の『火垂るの墓』(1988年)で兄妹が小便をするシーンとレイアウトがほぼ同じです。これは意識的なオマージュなのでしょうか。

ローデンバック (当該シーンを観て)本当に似ていますね! すみませんが、私はこのシーンを全く覚えていませんでした。本当に参照はしていませんし、その方法もありませんでした。けれども、人間同士が感情を通わせるために(並んで排泄するのは)とても良い方法だと思っています。

© Les Films Sauvages – 2016拡大© Les Films Sauvages – 2016

自然に囲まれた人物を描きたい

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

叶精二

叶精二(かのう・せいじ) 映像研究家、亜細亜大学・東京工学院講師

映像研究家。亜細亜大学・大正大学・東京工学院講師。高畑勲・宮崎駿作品研究所代表。著書に『日本のアニメーションを築いた人々』(若草書房)、『宮崎駿全書』(フィルムアート社)、「『アナと雪の女王』の光と影」(七つ森書館)、共著に『王と鳥 スタジオジブリの原点』(大月書店)など。

叶精二の記事

もっと見る