メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

異例づくしのトニー賞『バンズ・ビジット』を見て

エジプト人とイスラエル人のささやかな交情を提示した今日性

小山内伸 評論家・専修大学教授(現代演劇・現代文学)

『バンズ・ビジット』の舞台から。砂漠の町で演奏する警察音楽隊。(C)Matthew 
Murphy
拡大『バンズ・ビジット』の舞台から。砂漠の町で演奏する警察音楽隊 (c)Matthew Murphy

 ニューヨーク・ブロードウェイで、今年のトニー賞受賞作や話題作の『アナと雪の女王』を見てきた。ミュージカル作品賞に輝いた『バンズ・ビジット』は同名のイスラエル映画(邦題『迷子の警察音楽隊』)をミュージカル化したものだが、極めて異色のトニー賞作品賞と言ってよい。

 原作映画は、イスラエルを訪れたエジプトの警察音楽隊がバスを乗り間違えて無関係な辺鄙な町に着いてしまい、そこの人々と一晩の交流をする、といったストーリー。気まずい空気が漂い、ぎこちない会話が延々と続いて、劇的な出来事など何も起きない。

 映画のミュージカル化が盛んな昨今とは言え、これだけ地味で寡黙な物語をミュージカルにしようと発想したことに、まずは驚く。しかし、バツの悪さ、うまく言えないもどかしさ、会話のズレなどは、ちょっとした距離感や誇張を加えることで笑いに転化するのだ。

異文化、異質の人間との不器用な接触

 バスは砂漠の中に孤絶した、退屈な日常に倦んだ町に到着する。警察音楽隊の一行が、場違いな町のカフェに出没した時の異物感と言ったら! カフェの従業員二人は唖然として言葉を発することができず、英語が話せる女主人のディナを奥から呼んでくる。

 音楽隊が、「ここが間違った場所である」と説明された時の徒労感、「ここには文化など何もない」という状況の落差、「もはや今日は帰るバスがない」と知らされた絶望感がおかしい。ともあれディナの好意により、一行は複数の家庭で一宿一飯の恩恵を受ける。

 隊長である中年のトゥフィークは離婚歴のあるディナの家に泊まる。朴訥として言葉少ななトゥフィークとディナの会話は弾まない。それでもディナは夕食に彼を連れ出し、アラブ音楽と映画の話題で共感を見出す。さらに公園のベンチで二人は気持ちを通わせ、トゥフィークは無理解から息子と妻を失ったことを告白する。この二人の誠実なやり取りにぬくもりがある。

『バンズ・ビジット』で言葉を交わすトゥフークとディナ(カトリーナ・レンク)。トゥフーク役は、映画で主演したイスラエルの俳優サッソン・ガーベイが演じていた。(C)Evan Zimmerman for MurphyMade拡大『バンズ・ビジット』から。言葉を交わすトゥフィーク(右)とディナ(カトリーナ・レンク)。トゥフィーク役はオリジナル・キャストと交代して、今夏はなんと、舞台の元になった映画『迷子の警察音楽隊』で主演したイスラエルの俳優サッソン・ガーベイが演じていた (c)Evan Zimmerman for MurphyMade

 音楽隊のサイモンらは、カフェの従業員イツィクの一家に厄介になる。ちょうど誕生日だった妻カマルは招かれざる客の到来に不機嫌で、気まずい雰囲気が覆う。だが、イツィクの義父がふと口ずさんだ「サマータイム」(ミュージカル『ポーギーとベス』のナンバー)に、みなが唱和して空気が和む。

 さらにサイモンが自作した未完成のクラリネット曲を披露すると、イツィクの家族は興味を示す。妻のカマルは赤ん坊の世話を夫に押し付けて外出してしまったが、帰ってみると、サイモンのクラリネットが泣き続けていた赤ん坊を寝付かせており、夫婦は和解する。

 一方、カフェのもう一人の若い従業員パピは、片思いの女性を含めた男女4人のダブルデートに誘われていたものの怖気づいており、女好きの音楽隊員カレードが同行することになる。デートの場でカレードはパピの隣に座り、彼女の抱き寄せ方をじかに伝授する。『シラノ・ド・ベルジュラック』の身体版パロディだ。

 終盤でリプリーズ(反復)される「違った何か」という曲にメッセージが込められている。ディナはトゥフィークについて歌う、「見たことのない、何か違うものを彼は感じさせる」と。それが異文化、異質の人間に触れたということなのだ。

 さらに幕切れで彼女は言う。「ある一日、エジプトの音楽隊が来た。別に重要なことではなかった」。しかし、彼女は何かが確実に変わったのだ。ディナの歌唱には身体の底から湧き出るパワーがあり、演じたカトリーナ・レンクはトニー賞主演女優賞を受賞した。

世界的な分断と排他性が高まるなかで

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

小山内伸

小山内伸(おさない・しん) 評論家・専修大学教授(現代演劇・現代文学)

1959年生まれ。慶応義塾大学文学部卒。ロンドン滞在を経て1989年、朝日新聞社入社。2013年に退社するまで、主に学芸部(現・文化くらし報道部)で文芸・演劇担当を務める。著書に『ミュージカル史』(中央公論新社)、『進化するミュージカル』(論創社)。日本演劇学会会員。

小山内伸の記事

もっと見る