メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

樹木希林は主役を食ってしまう脇役女優だった

香取俊介 脚本家、ノンフィクション作家

稀代の名脇役女優だった樹木希林さん(1943―2018)拡大稀代の名脇役女優だった樹木希林さん(1943―2018)

「目次だけの本なら、出してもいいかな」

 1年半ほど前になるだろうか、某版元から樹木希林さんの「語録」のようなものを出したいとの要望があり、私が希林さん宅にファックスを入れた。折り返し電話があった。「せっかくのお話だけど、もう欲もなにもないのよ。枯れススキみたいに自然に朽ちていくのがいいの。だから本を出すなんて気になれないの」。

 希林さんが全身を癌で冒されていることは、もちろん知っていたので、無理をいえなかった。ただ、希林さんは興がのったのか、それから小1時間、四方山話をされた。本のことを蒸し返すと、「目次だけの本なら、いつか出してもいいかな」と、まさに希林さんならではのユニークな答え。「それは面白い。興味深いし、ユニークなものになりますね」と応じたものの、目次だけではパンフレットにしかならないし、実現は難しいと思って電話を切った。

「チョイ役」が大好きな、「ちょっと危ない」女優

201804拡大2018年4月

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

香取俊介

香取俊介(かとり・しゅんすけ) 脚本家、ノンフィクション作家

1942年、東京生まれ。東京外語大学ロシア科卒。NHK(番組制作局ドラマ番組班など)を経て、1980年より、脚本家、ノンフィクション作家に。「異文化摩擦」と「昭和」がメインテーマ。ドラマ作品に「私生活」(NHK)、「山河燃ゆ」(NHK・共同脚本)、「静寂の声」(テレビ朝日系)。ノンフィクション作品に『マッカーサーが探した男』(双葉社)、『もうひとつの昭和』(講談社)、『今村昌平伝説』(河出書房新社)、『北京の檻 幽閉五年二ケ月』(共著、文芸春秋)など。小説に『いつか見た人』(双葉社)、『渋沢栄一の経営教室 Sクラス』(共著、日本経済新聞社)など。