メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

宙組『白鷺の城』『異人たちのルネサンス』/評

真風涼帆と宙組が豪華絢爛和物ショーと天才芸術家ダ・ヴィンチに挑み、芸術の秋を彩る

さかせがわ猫丸 フリーライター


拡大『白鷺の城』公演から=岸隆子撮影

 宙組公演、-本朝妖綺譚- 『白鷺の城』、ミュージカル・プレイ『異人たちのルネサンス』-ダ・ヴィンチが描いた記憶-が、10月5日、宝塚大劇場で初日を迎えました。トップスター真風涼帆さんと星風まどかさんのコンビで挑む大劇場2作目は、豪華絢爛な和物ショーとオリジナルミュージカルの2本立てです。

 『白鷺の城』は、真風さん演じる陰陽師と、星風さん演じる妖狐が千年に渡って争い、惹かれあう様を妖艶に描いた日本物レビュー。宙組では和物ショーを行ったことがほとんどないため、新鮮さも見逃せません。お芝居の『異人たちのルネサンス』は、15世紀のフィレンツェに生き、万能の天才と言われたレオナルド・ダ・ヴィンチの若き日を描いたオリジナル作品です。

 凛々しい陰陽師と、苦悩する若きレオナルド。真風さんが演じる和と洋の麗しさを、とことん味わえる作品となりました(以下、ネタバレがあります)。

真風の凛々しく麗しい陰陽師

 お化粧や着替えなどの関係から、いつもとは芝居とショーの上演順を入れ替え、一幕は『白鷺の城』から始まります。通常、和物のショーは2つのパターンがあり、さまざまなシチュエーションを場面ごとに楽しむ形式と、歌や舞踊でストーリーを綴る形式がありますが、今回は両方を融合させた斬新な試みとなりました。

――江戸時代初期、魑魅魍魎が巣食うという白鷺城。門前には化け物退治へと向かう宮本無三四(桜木みなと)と明覚上人(寿つかさ)の姿があった。そこへ陰陽師の幸徳井友景(真風)が同行を願う。友景には己に課した使命があった。幾度となく見続けてきた狂おしい夢の謎を解き明かすために。そして、千年に渡る玉藻前(星風)との因果を終わらせるために……。

 平安時代、古代中国、戦国時代と、それぞれの場面で繰り広げられる陰陽師・真風さんと妖狐・星風さんの物語は、各々の時代ならではの美しい衣装やセット、舞踊で幻想的な世界が描かれ、一度に味わえる贅沢さが見どころでしょう。

 星風さんが演じる玉藻前は妖狐。尾が9つに割れた狐の妖怪で、様々な時代において、人間の姿に化けながら、人々を惑わせてきました。どの時代においても妖艶なお姫様姿ですが、陰陽師の真風さんに正体を見破られるたび九尾を表してしまう瞬間の、ぞくっとするような美しさが印象的でした。

 真風さんは、目元涼しい和化粧が端正なマスクに映え、3つの時代の衣装をあでやかに着こなし、時には殺陣も披露。決め技である、星形に印を結ぶ姿もりりしくて、陰陽師は真風さんの麗しさを最大に引き立てています。癒し効果抜群のやさしい声色でじっくり聞かせる主題歌は、誰の胸にも染み渡ることでしょう。星組時代に和物を経験した余裕も感じられ、トップ就任2作目の大劇場とは思えないほどの落ち着きで、星風さんと宙組生を大きく包み込んでいました。

◆公演情報◆
-本朝妖綺譚-『白鷺(しらさぎ)の城(しろ)』
ミュージカル・プレイ『異人たちのルネサンス』-ダ・ヴィンチが描いた記憶-
2018年10月5日(金)~ 11月5日(月) 宝塚大劇場
2018年11月23日(金)~ 12月24日(月) 東京宝塚劇場
公式ホームページ
[スタッフ]
『白鷺の城』
作・演出:大野拓史
『異人たちのルネサンス』
作・演出:田渕大輔

・・・ログインして読む
(残り:約2673文字/本文:約4041文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

さかせがわ猫丸

さかせがわ猫丸(さかせがわ・ねこまる) フリーライター

大阪府出身、兵庫県在住。全国紙の広告局に勤めた後、出産を機に退社。フリーランスとなり、ラジオ番組台本や、芸能・教育関係の新聞広告記事を担当。2009年4月からアサヒ・コム(朝日新聞デジタル)に「猫丸」名で宝塚歌劇の記事を執筆。ペンネームは、猫をこよなく愛することから。

さかせがわ猫丸の記事

もっと見る