メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

早霧せいな主演『るろうに剣心』公演レポート

演舞場の花道をおなじみのキャラが縦横無尽に駆け回る!

中本千晶 演劇ジャーナリスト


拡大浪漫活劇『るろうに剣心』
 あの早霧剣心が再び!? ……人気漫画の『るろうに剣心』は、2016年に宝塚歌劇で初めて舞台化され、大きな話題となった。このとき緋村剣心を演じたのが、当時雪組トップスターの早霧せいなだった。それを今度は東京・新橋演舞場と大阪松竹座で上演、しかもタカラヅカを卒業した早霧が再び剣心として登場。脚本・演出もタカラヅカ版に引き続き小池修一郎が担当する。

 海外ミュージカルは別として、タカラヅカで初演された作品が外の劇場で上演されるのは珍しい。ましてタカラヅカ版で主演をしたトップスターが再び男役として主演をするなど、滅多にないことだ。その意味で、これは稀有な舞台である。

 あらすじは今回もタカラヅカ版をほぼ踏襲している。1幕では主に原作のエピソードをもとに「人斬り抜刀斎」としての過去、神谷薫や主要人物たちと剣心との出会いを見せ、2幕では豪奢な洋館を舞台に、剣心がオリジナルキャラクターである加納惣三郎と対決する。だが、個々の場面の見せ方は劇場の特性も十分に活かし、タカラヅカ版とは違うものになっている。東京公演は11月7日まで。その後、11月15日~24日まで大阪公演が行われる。

「維新の敗者」の生き様を端的に描く

 新橋演舞場や松竹座ならではの舞台機構、それは「花道」である。さて、これがどう使われるのかが気になるところだが、期待どおり剣心も花道から登場だ。主要なキャラクターは皆、花道を走り抜け、ときにすっぽんと呼ばれるセリも活用される。

 出演者がタカラヅカ版の約80人から人数が減り、人海戦術では見せられなくなった分、逆にシンプルですっきりした印象を受けた。『るろうに剣心』は明治維新の「敗者」たちの様々な生き様の物語でもあると思うが、それが端的にわかりやすく描かれていく。

拡大浪漫活劇『るろうに剣心』

 早霧演じる剣心と本物の男性との共演はどうなるのだろうと思われたが、緋村剣心というキャラクターが持つ透明感が、舞台上で唯一の男役である早霧の非現実的な存在感とうまく重なっていた。殺陣は男性相手でも遜色なく、効果音と相まって迫力も増している。剣心に思いを寄せる神谷薫(上白石萌歌)は生命力溢れるパワフルな女の子で、二人のぶつかり合いはタカラヅカ版と違う味わいだ。

◆公演情報◆
浪漫活劇『るろうに剣心』
2018年10月11日(木)~11月7日(水) 東京・新橋演舞場
2018年11月15日(木)~11月24日(土) 大阪・大阪松竹座
公式ホームページ
[スタッフ]
原作:和月伸宏『るろうに剣心-明治刺客浪漫譚-』(集英社ジャンプ コミックス刊)
脚本・演出:小池修一郎(宝塚歌劇団)
音楽監督:太田健(宝塚歌劇団)
[出演]
早霧せいな、上白石萌歌、廣瀬友祐、三浦涼介、上山竜治、植原卓也、愛原実花、松岡広大/松岡充 ほか

・・・ログインして読む
(残り:約1219文字/本文:約2383文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

中本千晶

中本千晶(なかもと・ちあき) 演劇ジャーナリスト

山口県出身。東京大学法学部卒業後、株式会社リクルート勤務を経て独立。ミュージカル・2.5次元から古典芸能まで広く目を向け、舞台芸術の「今」をウォッチ。とくに宝塚歌劇に深い関心を寄せ、独自の視点で分析し続けている。主著に『なぜ宝塚歌劇の男役はカッコイイのか』『タカラヅカ流世界史』『宝塚歌劇に誘(いざな)う7つの扉』(東京堂出版)、『鉄道会社がつくった「タカラヅカ」という奇跡』(ポプラ新書)など。早稲田大学非常勤講師、NHK文化センター講師。

中本千晶の記事

もっと見る