メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

ハズキルーペの「バブル」CMが気になる理由

太田省一 社会学者

「ハズキルーペ」のCM拡大渡辺謙と菊川怜の出演でブレークした(?)「ハズキルーペ」のCM=公式サイトより

 CMは商品やサービスを売るためのもの。だがまずは、印象に残らなければ意味はない。「目立ってなんぼ」というわけである。

 その点、いま圧倒的強みを発揮しているのがなにかと話題の「ハズキルーペ」のCMだろう。

 ハズキルーペは、字が小さくて読みづらいときなどのためのメガネ型拡大鏡。Hazuki Companyが販売元だ。公式サイトによると、「30年のロングセラー」ということらしい。逆に言うと、それまで一定の支持を得た商品ではあったが、これほど世間に注目されたのは今回のCMがきっかけということになる。

ベタで悪ノリ風も

 その歴史をさかのぼるとかつては石坂浩二なども出演しているが、注目を集め始めたのは現在のシリーズものになってからだろう。

 第1弾は昨年2017年12月から放送開始、出演は舘ひろしと松野未佳である。夜の高級レストランで親子と思しき舘と松野が食事中。ワインの年を聞かれてハズキルーペをかけてラベルを読む舘。その後松野が椅子に置かれたハズキルーペのうえに座ってしまう(これはこの後定番のパターンになる)。すると舘は「大丈夫、大丈夫。日本製だし」とほほ笑む。その瞬間、窓の外には大きな花火が上がる。

 続いて今年2018年4月から始まった渡辺謙と菊川怜が出演の第2弾。一気に認知度が高まったのはこのあたりからだろう。企業の新製品発表会のようなシチュエーション。「本当に世の中の文字は、小さすぎて読めなーい!」と渡辺がいきなり怒り顔で叫ぶ。「でもハズキルーペをかけると、世界は変わる」と一転ニッコリする渡辺と「私も世界が変わりました」と同調する菊川。そして菊川が椅子の上のハズキルーペに座って強度を試すお約束のシーン。最後は「ハズキルーペだ~い好き」と言いながらハズキルーペをかけた菊川が指でハートマークをつくりウインクする。

 そしていまオンエアされている第3弾。今度は銀座にでもありそうな高級クラブの店内。そのママに扮するのが武井咲だ。当然、彼女の主演ドラマ『黒革の手帖』を意識してのものである。そこに客としてやってくる小泉孝太郎。さっそく武井は、店で販売することにしたハズキルーペを小泉にすすめ始める。すると隣のテーブルに客として来ていた舘ひろしが突然カットイン。ハズキルーペをかけて「これ、咲の生まれた年だね」とワインのラベルを見ながら微笑む。いうまでもなく第1弾のシーンにひっかけた演出である。ほかにも小泉が渡辺謙の「~読めなーい!」を真似るシーンもあって、メタな視点が入っている。ハズキルーペの上に座って強度を試すお約束のシーンも今回は武井を含む4人の女性がやっていて、CMの反響を重々わかったうえでの悪ノリ風でもある。

 とはいえ、基本はあまりひねりもなくストレート。ベタなCMと言っていい。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

太田省一

太田省一(おおた・しょういち) 社会学者

1960年、富山県生まれ。東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得満期退学。テレビ、アイドル、歌謡曲、お笑いなどメディア、ポピュラー文化の諸分野をテーマにしながら、戦後日本社会とメディアの関係に新たな光を当てるべく執筆活動を行っている。著書に『紅白歌合戦と日本人』、『アイドル進化論――南沙織から初音ミク、AKB48まで』(いずれも筑摩書房)、『社会は笑う・増補版――ボケとツッコミの人間関係』、『中居正広という生き方』(いずれも青弓社)。最新刊は『SMAPと平成ニッポン――不安の時代のエンターテインメント 』(光文社新書)、『ジャニーズの正体――エンターテインメントの戦後史』(双葉社)。

太田省一の記事

もっと見る