メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

無料

橋本さとし、ノストラダムス役で出演

福田雄一演出、ミュージカル『サムシング・ロッテン!』

木村桂子 フリーライター


拡大橋本さとし=木村桂子撮影

 福田雄一最新作、ブロードウェイ・ミュージカル『サムシング・ロッテン!』が、2018年12月〜2019年1月にかけて東京と大阪で上演される。本作は2015年、アメリカの演劇・ミュージカル界で最も権威ある賞とされるトニー賞で、9部門ノミネートのうち1部門受賞を成した、日本語版上演だ。

 『ハムレット』の一節から引用された“サムシング・ロッテン!”は、“何かが、腐っている”という意味であり、複数の戯曲やミュージカル作品へのオマージュが随所に登場。『コーラスライン』や『アニー』『レ・ミゼラブル』などの人気作をはじめ、シェイクスピア作品を彷彿とさせるシーンがちりばめられ、ミュージカルファンの心をくすぐる内容となっている。

 本作で橋本さとしが演じるのは、預言者・ノストラダムス。大阪で行われた取材会で、役柄やミュージカルへの想い、また福田演出への期待について語ってくれた。

胡散臭さを込めながら面白く演じたい

拡大橋本さとし=木村桂子撮影

記者:まずは今作と役どころについてお話しいただけますか。

橋本:時代背景は16世紀、シェイクスピアが『ロミオとジュリエット』を書いた頃です。シェイクスピアが全盛を極めている一方、劇作家のニックとナイジェルの兄弟が運営する劇団は鳴かず飛ばずで、腕のいい預言者・ノストラダムスに今後を予言してもらおうと訪ねます。このノストラダムス役が僕です。ノストラダムスは「これからは歌あり踊りありの演劇がヒットするのではないか」と告げ、2人は『オムレット』という、演劇の中にダンスと歌を取り入れたなんとも風変わりな作品を作る、というお話です。

記者:本作の資料映像などはご覧になられましたか?

橋本:拝見しました。ノストラダムスがどういうところで歌うのかなどをチェックして、そうくる!? という発見があったりしました。そんな中、あっ! と思ったのはノストラダムス役をされていた方が結構おじいさんだったことですね(笑)。今回の台本でも一人称が「ワシ」だったのですが、これまで30年間舞台をやってきた中で「ワシ」というキャラクターは初めてなので、どんな人物になるか自分でも楽しみです!

記者:ノストラダムスって、ある世代にとってはとてもトラウマな存在ですが(笑)。

橋本:大衆に恐怖を与えつつもその予言を外した人、という認識ですよね(笑)。ノストラダムスというだけで、なんかちょっと怪しいぞ!?という感じもします。そういった胡散臭さも含めて、面白おかしく演じられたらなと思います。

記者:今作で共演される中川晃教さん、西川貴教さんの印象を教えてください。

橋本:中川くんとは2回ほど共演させていただきましたが、ストイックで役柄に対してもすごく真摯に向き合っている素晴らしい役者さんです。それに音楽=中川晃教というぐらい音楽と一体になれる人で、各方面で賞を取られるなど今まさに旬を迎えている。そんな方と共演できるのは役者冥利に尽きますね。西川さんとはまだお会いできていないんですが、なんといってもCMでの「消臭力ー!」という歌声がものすごくパワフルな方! もちろんヒットナンバーも多数飛ばされていますし、ミュージカルを超えた爆発的な存在だと感じています。ユーモアのセンスも、同じ関西人として共感できます。

小劇場出身であることにプライドを持ってミュージカルに挑みたい

拡大橋本さとし=木村桂子撮影

記者:橋本さんにとってミュージカルというのはどういう場だとお考えですか?

橋本:ここ数年、ミュージカル俳優と呼んでいただく機会が増えたんですが、じつはいまだにちょっと慣れない感覚なんです。というのも僕は大阪の小劇団、劇団☆新感線出身で、今はなきオレンジルームとか(扇町)ミュージアムスクエアとか、近鉄アート館とか……。

記者:あ、アート館はあります。復活しました!

橋本:え、そうなんですか! それはやりたいなぁ(笑)。まあ、そういった小さな劇場で育ってきた自分にとって、ミュージカルはとても敷居の高いものでした。新感線でも、ぬいぐるみを着て『ウエスト・サイド・ストーリー』風なことをやったりだとか、それこそパロディでしかやってこなかったんですね。新感線を辞めてから本格的なミュージカル『レ・ミゼラブル』や『ミス・サイゴン』などに挑戦し、なんとか舞台に立たせていただいて、初めてミュージカルの凄さやエネルギーをしっかりと実感できたんです。そんな中で劇団四季出身の方をはじめ、鍛え抜かれたミュージカル俳優の方々を目の当たりにすると、まだ僕なんて(ミュージカル俳優と呼ばれるのは)おこがましい、という気持ちにもなるんです。ただ小劇場やシェイクスピアなど、ジャンルにこだわらずにいろんな舞台を経験してきたからこそミュージカルに還元できることもあると思いますし、そこはしっかりプライドを持っています。

記者:ミュージカル作品に対する心構えを教えてください。

橋本:音楽ではあるけれども、大事なのは言葉だということでしょうか。ミュージカルって、日本ではまだまだ「急に歌い出すのがちょっと……」と違和感を持たれる方も多いと思うんです。でも、セリフから歌へ移行する時には感情の昂ぶりが必ずある。メロディや音符も大事ですが、言葉を超えた感情を伝える、ということは常に心がけています。

福田演出が出演の大きな決め手になった

拡大橋本さとし=木村桂子撮影

記者:今作ではオマージュやパロディも重要な要素です。劇団☆新感線などで培った橋本さんの真骨頂が発揮できるのではないでしょうか。

橋本:そうかもしれません。それに、福田さんもオマージュやパロディにかけては真骨頂でいらっしゃいます。現在も、ミュージカル俳優にコントをさせる番組を持っていらっしゃって、ミュージカルというものを、ある意味破壊しようとされているようにも思えます。そんな方と一緒にやるということが、今回出演させていただく決め手になった大きな要素でもあります。本格的なミュージカルをしっかり分かった上で、さらに崩していくというのはとても面白い作業だと思いますし、まさにこの作品はうってつけ。「急に歌ったり踊ったりして、おかしくない?」なんてセリフがバンバン入ったりしますし(笑)、ミュージカルに興味がない人でも共感できる作品になっていると思います。

記者:福田雄一さんの演出は今回初めてですか?

橋本:コント番組は何回かやらせていただきました。その時に印象的だったのは、現場でいちばん笑っているのが福田さんだったことです。今回、舞台では初めてご一緒させていただくのですが、稽古の時にまず福田さんにどれだけウケるかというチャレンジになるのかなと。福田さんが笑ってくれれば、それがお客さまにも伝わると信じてやろうと思っています。

アドリブをどう入れるか、そのさじ加減がポイントに

拡大橋本さとし=木村桂子撮影

記者:福田演出で楽しみにしていることはありますか?

橋本:福田さんは、役者のアドリブに任せて「ここ、なんか面白くやってください」と、すごく有形無形な演出をされることがありまして(笑)。今作でも、役者の引き出しの多さとかセンスが問われのではないかと思っています。あと、福田さんはどうやら食いしん坊みたいで、Twitterでたまに見かけるケータリングがいつも豪華なんですね。今回はそれも楽しみです(笑)。

記者:福田さんの作品は、原作物でもものすごく福田節になる印象ですが、どのように演じようとお考えですか?

橋本:じつは、僕自身アドリブはあんまり好きじゃないんです。だけど福田さんは時事ネタなどのアドリブをたくさん入れてお客さまを楽しませることに徹底される方なので、もしかしてその部分で福田さんと僕とで作品に対する考え方がずれる可能性もあるのかなと。そのずれた部分がうまく融合できれば、いいさじ加減になると思っています。ただ『ブロードウェイと銃弾』(2018年に福田雄一が演出を務めたミュージカル)では、福田節を抑えて原作に近い演出をされたりもしていて、すごくチャレンジされているので、今作ではどうなるかとても楽しみです。キャスト陣もミュージカルを経験されている方が揃っていて、鉄壁の布陣だと感じています!

◆公演情報◆
ミュージカル『サムシング・ロッテン!』
2018年12月17日(月)〜12月30日(日) 東京・東京国際フォーラム ホールC
2019年1月11日(金)〜1月14日(月・祝) 大阪・オリックス劇場
公式ホームページ
[スタッフ]
演出:福田雄一
[出演]
中川晃教、西川貴教、瀬奈じゅん、平方元基、清水くるみ、橋本さとし ほか

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

木村桂子

木村桂子(きむら・けいこ) フリーライター

1982年生まれ。ファッション誌や情報誌などの編集を経て、エンタメ系週刊誌の編集部に長く在籍。2014年に独立し、現在は大阪在住。エンタメをはじめ観光情報誌や公報誌など、さまざまなジャンルで執筆中。

木村桂子の記事

もっと見る