メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

映画『止められるか、俺たちを』と大人たちの衝動

予定調和を破壊し続けた若松プロダクションの半世紀を思う

大友麻子 編集者・ライター

本作のために10キロ体重を増やし、身も心も太くなった井浦新が若松孝二を怪演。助監督めぐみは、白石監督の熱烈オファーで門脇麦が好演拡大『止められるか、俺たちを』 本作のために10キロ体重を増やし、身も心も太くなった井浦新が若松孝二を怪演(中央)。助監督吉積めぐみは、白石監督の熱烈オファーで門脇麦が好演(左)

無茶苦茶なありようを時代とともに描く

 この映画『止められるか、俺たちを』をいかに語ろうかと考え、しばしフリーズしてしまった。言葉にすると、その端からウソ臭くなっていくような気がした。言いたいことは作品の中にみんなある。言葉で説明できるなら、映画なんてカネも時間もかかるもの、作るか!と、マスコミの取材の途中で半ばブチキレていた若松孝二を思い出す。

 とはいえ、言葉で説明しようとするならば、本作は、1969年から71年という、世の中がうねりをあげていた時期であり、若松孝二が29歳で立ち上げ、ラジカルな作風で若者たちから熱狂的に支持される一方、「エロダクション」とも揶揄されていた若松プロダクションが、のちのちまで世界各国で繰り返し上映される、いわゆるマスターピース的なものも含めて映画を量産していた時期にフォーカスしている。

 つまり、黄金期だったともいえる若松プロダクションの、その無茶苦茶なありようを、時代の空気とともに描いた作品なのである。

 という説明も、本作の一面を表現していることは間違いないが、しかし、本作を単なる過去のノスタルジーではなく、今の私たちを照射する強烈な生の物語として成立させているのが、助監督を志望して当時の若松プロダクションに足を踏み入れた、実在の一人の女性、吉積めぐみの存在である。

 この吉積めぐみを演じているのが、「健康的な雰囲気と60年代に纏(まと)っていそうなアンニュイな雰囲気を同時に併せ持つ不思議な魅力」と白石和彌監督が絶賛する門脇麦。そして、強烈な個性を放つ若松孝二を演じるのは、晩年の若松プロに欠かせない存在となった井浦新だ。メガホンをとった白石も若松プロ出身で、近年、社会をえぐる問題作を次々と手がけて注目を集めている。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

大友麻子

大友麻子(おおとも・あさこ) 編集者・ライター

1971年、東京生まれ。編集者/ライター。上総掘りという人力による深井戸掘削技術を学んでフィリピンの農村で井戸掘りに従事。のちマニラのNPOに勤務。帰国後、游学社(当時編プロ、現在は出版社)へ。若松プロダクションの映画制作にも関わってきた。現在はフリーランスとしても活動。