メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

海外の関心がないコンペ

 今回、「これでいい」という開き直りを感じた3つの出来事があった。

ゴミ箱の横に並ぶプレス拡大ゴミ箱の横に並ぶプレス=撮影・筆者
 一つはプレス向けの事前上映をなくしたことだ。カンヌなどと違い、プレスが見られる上映回数が少ない東京では致命的だ。さらに ・・・ログインして読む
(残り:約1891文字/本文:約3336文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

古賀太

古賀太(こが・ふとし) 日本大学芸術学部映画学科教授(映画史、映像/アートマネジメント)

1961年生まれ。国際交流基金勤務後、朝日新聞社の文化事業部企画委員や文化部記者を経て、2009年より日本大学芸術学部映画学科教授。専門は映画史と映画ビジネス。訳書に『魔術師メリエス――映画の世紀を開いたわが祖父の生涯』(マドレーヌ・マルテット=メリエス著、フィルムアート社)、共著に『日本映画史叢書15 日本映画の誕生』(岩本憲児編、森話社)など。個人ブログ「そして、人生も映画も続く」をほぼ毎日更新中。http://images2.cocolog-nifty.com/

古賀太の記事

もっと見る