メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

無料

『ロミオ&ジュリエット』制作発表会見レポート

新キャストを迎え4度目の再演へ

真名子陽子 ライター、エディター


拡大『ロミオ&ジュリエット』制作発表会見

 2019年2月から東京・愛知・大阪で上演するミュージカル『ロミオ&ジュリエット』の制作発表会見が行われた。2001年にパリで初演して以降、世界各国で上演され、500万人以上を動員したミュージカル『ロミオ&ジュリエット』。日本では2010年に宝塚歌劇団で初演され、2011年に日本オリジナルバージョンとして上演。今作が4度目だが、2017年に振付・美術・衣裳を一新した新演出版の再演になる。

 制作発表会見には演出家・小池修一郎とキャスト13人が登壇。まず『ロミオ&ジュリエット』といえば…の楽曲を4曲披露し、その後作品への意気込みを語った。

拡大左から、三浦涼介、黒羽麻璃央、大野拓朗、古川雄大、平間壮一、木村達成(宮川舞子撮影)

 1曲目は、ロミオ役の古川雄大・大野拓朗、ベンヴォーリオ役の三浦涼介・木村達成、マーキューシオ役の平間壮一・黒羽麻璃央で「世界の王」。続いて、ジュリエット役の葵わかな・木下晴香・生田絵梨花の「バルコニー」へ。

拡大渡辺大輔(左)と廣瀬友祐(宮川舞子撮影)

 そして、ティボルト役の渡辺大輔と廣瀬友祐で「今日こそその日」。

拡大左から、葵わかな、生田絵梨花、古川雄大、大野拓朗、木下晴香(宮川舞子撮影)

 最後に、ロミオとジュリエット役の5人で「エメ」を歌い、参加していたオーディエンスを『ロミオ&ジュリエット』の世界へ引き込み魅了した。

小池修一郎(潤色・演出)
2011年に初演を迎え、今回で4回目の再演になります。この作品から俳優として活躍する方々が次々に出ています。そういう意味でもミュージカルが好きな方に楽しんでいただける作品だと思います。新しいメンバーでどんどん活性化し、熱く激しくお届けしたいと思っております。

拡大古川雄大(左)と大野拓朗(宮川舞子撮影)

古川雄大(ロミオ役)
今回で3度目のロミオ役です。前回、これで最後だと思い悔いが残らないようにとロミオ役に向き合いました。ですから今回のお話をいただいて正直驚きましたが、でもチャンスをいただけるならまたこの役に挑みたいと思いました。今回は新演出版の再演ですので、パワーアップしたものをお見せしないといけません。プレッシャーを感じていますが、皆さんと共に素敵なパワーアップした作品を目指して、稽古に取り組んでいきたいと思います。この会見のリハーサルをした時に、この環境、この作品、このカンパニー、この仲間が大好きだなと心から思いましたし、本当に落ち着く場所だなと感じました。より良い『ロミオ&ジュリエット』を目指していけるんじゃないかなと期待しています。

大野拓郎(ロミオ役)
『ロミオ&ジュリエット』は世界で1番好きな作品と言わせていただいています。2011年の初演を拝見したときにこの舞台に立ちたいと憧れ、いつかロミオ役を…と思いながらずっと稽古を続けてきました。そして昨年、晴れてロミオ役をさせていただきました。人生2度目のミュージカルで、すべてをさらけ出して挑もうと思いながら演じたことを、昨日のことのように思い出されます。今回は昨年のがむしゃらさや一生懸命さに役者としての経験をプラスして、さらにパワーアップしたロミオを演じることができたらと思っています。ベテランの大先輩方が土台となってくださっていますので、その土台の上で僕ら若手は思う存分暴れ回って、観に来てくれるお客さまにとって一生の思い出に残るような素敵な舞台を作り上げたいと思っております。ぜひ、ご期待ください。

拡大左から、葵わかな、木下晴香、生田絵梨花(宮川舞子撮影)

葵わかな(ジュリエット役)
初舞台、初ミュージカルで本当に緊張しております。普段はあまり緊張するタイプではないのですが、制作発表のお稽古からどうしていいかわからなくて……でも、おっしゃっていたように良いカンパニーだなと思いました。早く皆さんに馴染めたらいいなと思っています。舞台、ミュージカルはここからがスタートですので、この気持ちを忘れずに、一生懸命皆さんについていけるようにがんばりたいと思います。舞台やミュージカルは好きでしたが、出てみたいと思ったことはなかったんです。でも『ロミオ&ジュリエット』を拝見した時に、ジュリエット役をやりたいと思いました。あまり欲がないタイプなのですが、このジュリエット役は初めてやりたいと思った役で、今日この場にいることに運命的なものを感じますし、とても光栄に思っています。誰にも負けない愛情を注ぎながら、ジュリエット役として成長していきたいと思います。

木下晴香(ジュリエット役)
『ロミオ&ジュリエット』は、デビューさせていただいた特別な作品です。いよいよ2019年の『ロミオ&ジュリエット』が始動するんだとワクワクドキドキしています。小池先生、そしてキャストの皆さんと一緒に、新たな気持ちで最後まで心を込めて演じたいと思います。

生田絵梨花(ジュリエット役)
前回の記者会見は記憶がないくらいものすごく緊張していたのですが、今回はこれから始まるんだというワクワク感を感じながらステージに立っていました。久しぶりに皆さんにお会いして笑いあったり、新しいキャストの皆さんとは良い雰囲気でお話をさせていただきました。今回は8回しか参加できないのですが、その中で自分がどう作品とジュリエット役と向き合えるか? 前回からどのぐらい成長できるのか? 前回はいっぱいいっぱいでしたので、もっと広い視野を持って皆さんと向き合っていきたいなと思っています。またこうしてジュリエット役に巡り合えたことを感謝しています。

拡大左から、三浦涼介、木村達成、平間壮一、黒羽麻璃央(宮川舞子撮影)

三浦涼介(ベンヴォーリオ役)
『ロミオ&ジュリエット』はとても愛されている作品で、とてもパワーがあって若い方たちが観てもおもしろいと思っていただける作品になっていると思います。新キャストとしてどこまでできるかわかりませんが、皆さんに負けないように一生懸命がんばりたいと思います。小池修一郎先生にはこれまでにたくさんご意見をいただいて、先生のご指導があって舞台に立てています。とても感謝しています。一生懸命がんばりますのでよろしくお願いいたします。

木村達成(ベンヴォーリオ役)
『ロミオ&ジュリエット』を演じる役者の一人として、ここに立っていることをとても光栄に思います。芝居もダンスもまだまだですが、日々キャストが変わる中で芝居を固定せずに、柔軟な気持ちでぶつかっていけたらと思っています。

平間壮一(マーキューシオ役)
今日のリハーサルから小池先生の愛を感じていました。一人ひとり衣裳をチェックしてくださって、こういう時まで面倒を見てくださる演出家はいないと思います。今回が2回目ですが、前よりみんなと仲良くなれる気がしていて、若者のパワーや熱気をより出していけると思っています。一生懸命がんばって楽しんで、これからも続いていく作品になるようにがんばっていきたいと思います。

黒羽麻璃央(マーキューシオ役)
めちゃくちゃ緊張しています。せっかくいただいた役です。偉大な先輩方に囲まれてたくさん学び、盗めることはどんどん盗んで自分の力に変えていこうと思っています。メンズキャストでは(木村)達成と最年少になると思いますので、最年少が持つ力を思う存分出して舞台で暴れたいなと思います。

拡大左から、渡辺大輔、廣瀬友祐、大貫勇輔、宮尾俊太郎(宮川舞子撮影)

渡辺大輔(ティボルト役)
ティボルトは怖いイメージがありますが、僕自身はいつもいじられていまして(笑)、いい意味でそれをみんなとのコミュニケーションとして活かし、そして素晴らしい先輩方の中で、先輩方に頼らず自分達で熱を届けられるようにしっかりと務めていきたいなと思います。楽しみに待っていてください。

廣瀬友祐(ティボルト役)
再演にあたって、喜びや感謝、恐怖や不安があるんですけど、新しいカンパニーでしかできない『ロミオ&ジュリエット』の中で、ティボルトとして全うできたらと思っています。

大貫勇輔(死のダンサー役)
初演から4回目の出演です。僕も前回、これで終わりだという覚悟で挑んでいたのですが、今回、やはりチャンスがあるならば全力で挑みたいなと思っています。ダンサーでありながらお芝居もさせていただいて、4回目にして新しい死のダンサーを見つけられるんじゃないかなと思います。このメンバーで新しい『ロミオ&ジュリエット』を作り上げられたらいいなと思います。

宮尾俊太郎〈Kバレエ カンパニー〉(死のダンサー役)
先日までバレエ公演でロミオ役を演じていましたが、いろんな形で『ロミオ&ジュリエット』という作品が出ています。その中で小池先生演出の『ロミオ&ジュリエット』がこれだけお客さまに愛されて再演を繰り返しているのは、小池先生の演出、キャストの力、スタッフの方が一丸となった結果だと思います。その一員として、皆さまに愛を届けられるようにがんばりたいと思います。

◆公演情報◆
ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』
2019年2月23日(土)~3月10日(日) 東京・東京国際フォーラム ホールC
2019年3月22日(金)~3月24日(日) 愛知・刈谷市総合文化センター
2019年3月30日(土)~4月14日(日) 大阪・梅田芸術劇場メインホール
公式ホームページ
[スタッフ]
原作:ウィリアム・シェイクスピア
作・音楽:ジェラール・プレスギュルヴィック
潤色・演出:小池修一郎
[出演]
古川雄大/大野拓朗(Wキャスト)、葵わかな/木下晴香/生田絵梨花(トリプルキャスト)
三浦涼介/木村達成(Wキャスト)、平間壮一/黒羽麻璃央(Wキャスト)、渡辺大輔/廣瀬友祐(Wキャスト)
春野寿美礼、シルビア・グラブ、岸祐二、宮川浩、秋園美緒、姜暢雄、石井一孝、岡幸二郎
大貫勇輔/宮尾俊太郎(Wキャスト)ほか

筆者

真名子陽子

真名子陽子(まなご・ようこ) ライター、エディター

大阪生まれ。ファッションデザインの専門学校を卒業後、デザイナーやファッションショーの制作などを経て、好奇心の赴くままに職歴を重ね、現在の仕事に落ち着く。レシピ本や観光情報誌、学校案内パンフレットなどの編集に携わる一方、再びめぐりあった舞台のおもしろさを広く伝えるべく、文化・エンタメジャンルのスターファイルで、役者インタビューなどを執筆している。

真名子陽子の記事

もっと見る