メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

無料

銀河鉄道999 劇場版公開40周年記念作品

舞台『銀河鉄道999』さよならメーテル〜僕の永遠、上演決定!

舞台『銀河鉄道999』実行委員会 提供


拡大左から、中川晃教、凰稀かなめ、前山剛久、浅野温子、平方元基

 2018年6・7月に上演し好評を博した舞台『銀河鉄道999』〜GALAXY OPERA〜。その後を描く新作“銀河鉄道999 劇場版公開40周年記念作品 舞台『銀河鉄道999』さよならメーテル〜僕の永遠”を、2019年4月に東京・明治座、5月に大阪・梅田芸術劇場メインホールにて上演することが決定した。

 脚本・作詞に石丸さち子、演出には東宝演劇部所属の落石明憲を迎え、映像演出はムーチョ村松が続投。最後の敵との戦い、そしてメーテルとの別れを軸に、オリジナルストーリーを交えて新たな展開を描く。主演・星野鉄郎役の中川晃教ほか、クイーン・エメラルダス役の凰稀かなめ、リューズ役の矢沢洋子、クレア役の美山加恋、車掌役のお宮の松、そしてキャプテン・ハーロック役の平方元基が2018年版に引き続き出演し、メーテル役は木下晴香と伊波杏樹がダブルキャスト、人気急上昇中の前山剛久が機械伯爵役を演じる。また2018年版アンタレス役の塚原大助がドクター・バンの声を担当し、プロメシューム役には浅野温子が特別出演する。

拡大星野鉄郎役の中川晃教/(C)松本零士・東映アニメーション

星野鉄郎役:中川晃教コメント
星野鉄郎がプロメシュームを目の前にしたとき、メーテルとエメラルダス、そして鉄郎の母、それぞれの悲しみが、鉄郎を通じて、見る人たちすべての心に訴えかけられます。鉄郎があなたと重なるとき、鉄郎の歌が、この物語に生きる全てのものの魂となって、劇場を999の世界へと誘います。どうぞ、まだ続く銀河鉄道の旅をお楽しみに、ぜひ劇場でお待ちしています。

クイーン・エメラルダス役:凰稀かなめコメント
初演に引き続きクイーン・エメラルダス役をさせて頂きます凰稀かなめでございます。昨年は銀河鉄道999の映画版を舞台にて再現した作品になっていましたが、今回は脚本の石丸さち子さんがオリジナルを書き下ろし、演出に落合明憲さんをお迎えし時代を越えた新しい銀河鉄道999となり、原作を知らない方でも楽しんで頂けるのではないかと思います。クイーン・エメラルダスの、今までに描かれていない部分もしっかり描かれている様なので楽しみです。是非ご覧下さいませ。

キャプテン・ハーロック役:平方元基コメント
この度銀河鉄道999に前回に引き続き出演できること、大変光栄です。誰もが知っているアニメーションを舞台化する作業は本当に大変でした。しかしだからこそ舞台版でしか感じることのできない感動を皆様にお届けできたのではと思っております。前回に引き続き、キャプテン・ハーロックを演じさせていただける喜びを胸に、さらに深みを増した銀河鉄道999の世界へと皆様を誘えたらと思っております。どうぞご期待ください。

プロメシューム役:浅野温子コメント
ささきいさおさんが歌っていた、大好きな銀河鉄道999の舞台に出られて大変嬉しいです。

機械伯爵役:前山剛久コメント
誰もが知っている『銀河鉄道999』。その舞台化に自分が参加できることを本当に嬉しく思います。しかし、それと同時に恐怖も感じています。今作は去年の舞台からの続編であり、僕は今年からの出演。プレッシャーがないといえば、嘘になります。だからこそ、役者として、作品にしっかり向き合い、役の内面を深く掘り下げ、どこまでも誠実にキャスト・スタッフのみなさんと良い作品作りを目指します。

メーテル役:木下晴香コメント
長年愛され続けるこの作品に携わることができ、大変光栄です。私は1999年生まれのスリーナイン!勝手にご縁を感じています。素晴らしい出演者の方々とご一緒させていただくこと、メーテルというミステリアスな女性を演じること、緊張もありますが今からすごく楽しみです。メーテルの中に閉じ込められた想いを私なりに紐解き、彼女の醸し出す魅力を表現していけるよう精一杯務めさせていただきます。よろしくお願い致します。

メーテル役:伊波杏樹コメント
初めまして!この度、メーテル役を演じさせて頂きます伊波杏樹です。『銀河鉄道999』の世界にメーテルとして生きられることに心からの感謝と想いを込めて、カンパニーの皆様と大切に紡ぎあって、素晴らしい作品を皆様にお届けしたいと思います!よろしくお願い致します!!

◆公演情報◆
銀河鉄道999 劇場版公開40周年記念作品
舞台『銀河鉄道999』さよならメーテル〜僕の永遠
2019年4月20日(土)〜4月29日(月・祝) 東京・明治座
2019年5月10日(金)〜5月12日(日) 大阪・梅田芸術劇場メインホール
公式サイト
公式twitter
〈原作 総監修〉
松本零士
〈スタッフ〉
脚本・作詞:石丸さち子
演出:落石明憲
映像演出:ムーチョ村松
〈出演〉
[星野鉄郎]中川晃教・[クイーン・エメラルダス]凰稀かなめ・[機械伯爵]前山剛久・[リューズ]矢沢洋子・[メーテル]木下晴香/伊波杏樹・[クレア]美山加恋・[車掌]お宮の松・[ドクター・バン(声)]塚原大助・[プロメシューム]浅野温子(特別出演)/[キャプテン・ハーロック]平方元基 ほか