メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

「寝ても覚めても」(C)2018 映画「寝ても覚めても」製作委員会/ COMME DES CINEMAS 拡大『寝ても覚めても』 (C)2018 映画「寝ても覚めても」製作委員会/ COMME DES CINEMAS

 5時間17分の傑作長編、『ハッピーアワー』(2015)が国内外で高い評価を得た濱口竜介監督(1978~)。彼の商業映画第1作であり、2018年度のカンヌ国際映画祭コンペティション部門に選出された『寝ても覚めても』は、同じ顔の二人の男を愛してしまう女性の約10年間を描く、傑出した恋愛メロドラマだが、東出昌大が一人二役を演じる本作のあらすじを、思いきり端折(はしょ)って記せば、こうなる。

――大阪:朝子(唐田えりか)は、写真展で一目惚れした麦(ばく/東出昌大)と運命的な恋に落ちるが、ある日彼は、理由も告げずに忽然と姿を消す(ここまでが約20分の、アヴァンタイトル/プロローグ)。……およそ2年後の東京:喫茶店で働く朝子は、顔が麦とそっくりの、日本酒メーカーに勤める会社員、亮平(東出昌大)に出会う。亮平は、飄々(ひょうひょう)として気まぐれな麦とは対照的に、堅気な性格だったが、朝子は次第に亮平に惹かれてゆき、東日本大震災を経て、二人は愛し合うようになる……。5年後の東京:亮平と暮らしている朝子は、偶然、今はモデル兼俳優をしている麦に再会する。そして朝子は、まだ麦を忘れられずにいる自分に気づく(以下、略:なお『寝ても覚めても』は、柴崎友香の同名小説を原作に仰ぎ、濱口竜介と田中幸子が脚本を執筆)――。

手堅いリアリズムと幻惑的な非リアリズム

 このように物語を要約しただけでも、本作の濱口竜介が、きわめて困難な題材に挑んだことが察せられよう。すなわち、まず、朝子が、顔は同じだが性格が対照的な二人の男を愛してしまう、という「荒唐無稽」な展開を、そして、それにともなう、現実にはありえないような<偶然>の連鎖を、どう語る/描くのか。いいかえれば、そうした理不尽な物語を、理不尽なままに、いかにして本当らしく(嘘臭くなく)映画の中に立ち上げてゆくのか――。

 こうした難題を、濱口はみごとに突破してみせた。どのようにしてか。ひとことで言えば、手堅いリアリズム演出に、幻惑的な非リアリズム演出を周到に織り交ぜ、互いを相補的に作用させることによって、である(濱口竜介自身、本作を撮るにあたって心がけたのは、「細密な日常描写と、突然訪れる荒唐無稽な展開を可能な限り同居させる、ということです」と述べている。<パンフレット>)。

 たとえば、朝子が麦と「偶然」出会う、冒頭のシークエンス。

 行き交う車、交差点を渡る人々、川に囲まれた中之島に建つ国立国際美術館などの、大阪の街を鮮明な数ショットで切り取ったのち、カメラは、脇道にたむろして花火や爆竹で遊ぶ中学生たちを写し、ついで、彼らの傍らを通り過ぎる半袖姿の朝子/唐田えりかを写す。

 次の場面は、国立国際美術館の「牛腸茂雄(ごちょう・しげお)写真展/SELF AND OTHERS」の会場。朝子の目となったカメラが、壁に展示された牛腸の写真を、横移動でなめてゆく。そしてカメラ=朝子は、「双子の姉妹」の写真の前で動きをとめる。つまり、朝子はその写真の前で立ちどまるのだが、次の瞬間、カメラは切り返しで、魅入られたような朝子の顔を、真正面からとらえる。目を見開いて「双子の姉妹」を見つめる朝子の、カメラ目線の――観客を見返す――ショットである。ついで朝子は、かすかな声で鼻歌を歌うサンダル履きの長身の男(麦/東出昌大)のほうを振り向く。会場を出て上りエスカレーターに乗った朝子は、前方から先ほどの鼻歌が聞こえたので見上げると、白いTシャツを着た麦の背中が目に入る。そして朝子は、そこでふたたび、目を見開く。物語上では朝子は麦の後ろ姿を見ているわけだが、ハッとさせられるのは、実際には彼女が、ほぼ正面を凝視するからだ……。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

藤崎康

藤崎康(ふじさき・こう) 映画評論家、文芸評論家、慶応義塾大学、学習院大学講師

東京都生まれ。映画評論家、文芸評論家。1983年、慶応義塾大学フランス文学科大学院博士課程修了。著書に『戦争の映画史――恐怖と快楽のフィルム学』(朝日選書)など。現在『クロード・シャブロル論』(仮題)を準備中。熱狂的なスロージョガ―、かつ草テニスプレーヤー。わが人生のべスト3(順不同)は邦画が、山中貞雄『丹下左膳余話 百万両の壺』、江崎実生『逢いたくて逢いたくて』、黒沢清『叫』、洋画がジョン・フォード『長い灰色の線』、クロード・シャブロル『野獣死すべし』、シルベスター・スタローン『ランボー 最後の戦場』(いずれも順不同)

藤崎康の記事

もっと見る