メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

[2018年 映画ベスト5]2度見た作品ばかり

『シェイプ・オブ・ウォーター』、『ROMA/ローマ』……

古賀太 日本大学芸術学部映画学科教授(映画史、映像/アートマネジメント)

『シェイプ・オブ・ウォーター』(ギレルモ・デル・トロ監督)拡大『シェイプ・オブ・ウォーター』(ギレルモ・デル・トロ監督)の公式サイトより

1 『シェイプ・オブ・ウォーター』(ギレルモ・デル・トロ監督)
2 『ROMA/ローマ』(アルフォンソ・キュアロン監督)
3 『ファントム・スレッド』(ポール・トーマス・アンダーソン監督)
4 『ワンダーストラック』(トッド・ヘインズ監督)
5 『寝ても覚めても』(濱口竜介監督)

次点:『BPM ビート・パー・ミニット』(ロバン・カンピヨ監督)、『スリー・ビルボード』(マーティン・マクドナー監督)、『15時17分、パリ行き』(クリント・イーストウッド監督)、『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』(スティーブン・スピルバーグ監督)、『万引き家族』(是枝裕和監督)、『ニッポン国VS泉南石綿村』(原一男監督)、『孤狼の血』(白石和彌監督)、『菊とギロチン』(瀬々敬久監督)、『きみの鳥はうたえる』(三宅唱監督)
特別枠:国立映画アーカイブのオープン

 今年の新聞などの映画回顧は、すべてと言っていいほど、カンヌ国際映画祭でパルムドールを取って興収45億円を超した『万引き家族』と製作費300万円の監督デビュー作で興収30億円を超えた『カメラを止めるな!』(上田慎一郎監督)の2本を中心に語られている。確かに邦画がこれほど話題になることは珍しい。パルムドール受賞は日本人監督で21年ぶりの快挙だし、低予算のインディペンデント映画がどんどん広がったこともそれ自体はいい話だ。

 私のベスト5とその解説は、あえて映画として個人的に強く惹かれた作品を中心に書く。この5本は2度見たものばかり。まず、『シェイプ・オブ・ウォーター』は、それこそ映画の楽しみのすべてを含んだような作品だった。まず、良質のSFで、1960年代前半の研究所を舞台にそこにモンスターが飼われている設定。モンスターがCGではなく着ぐるみなのも、50年代から60年代にかけてアメリカで作られたB級SF映画へのオマージュである。

 オマージュという点では、連れ出されたモンスターを研究所の上司が追いかける姿は、40年代から50年代にかけてアメリカで作られた「フィルムノワール」を彷彿とさせる。ナレーションが最初と終わりに響くし、大半が夜を舞台に展開しているのもそれらしい。さらに主人公のイライザがモンスターと躍る白黒シーンは往年のミュージカルのよう。そして何より、この映画はモンスターと不器用な女性が愛し合う恋愛ファンタジーだった。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

古賀太

古賀太(こが・ふとし) 日本大学芸術学部映画学科教授(映画史、映像/アートマネジメント)

1961年生まれ。国際交流基金勤務後、朝日新聞社の文化事業部企画委員や文化部記者を経て、2009年より日本大学芸術学部映画学科教授。専門は映画史と映画ビジネス。訳書に『魔術師メリエス――映画の世紀を開いたわが祖父の生涯』(マドレーヌ・マルテット=メリエス著、フィルムアート社)、共著に『日本映画史叢書15 日本映画の誕生』(岩本憲児編、森話社)など。個人ブログ「そして、人生も映画も続く」をほぼ毎日更新中。http://images2.cocolog-nifty.com/

古賀太の記事

もっと見る