メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

書きたいのは始末におえない「普通の人」

反時代的ノンフィクションライター・渡辺一史さんインタビュー(下)

渡辺一史 ノンフィクションライター

 『こんな夜更けにバナナかよ』が再び脚光を浴びるノンフィクションライター、渡辺一史さんは、寡作の人である。2011年に刊行された2作目の『北の無人駅から』(北海道新聞社)もサントリー学芸賞など高い評価を得たが、3作目の企画にはいまだ着手できていないという。穏やかな風貌に似合わず、頑固な人だ。軽々しい時代の風潮に流されず、独自に定めた頂の高みを、ひたすら目指す。ノンフィクション冬の時代、といわれて久しい中、ますます期待が高まる書き手に、その取材手法や目標とする作品観を聞いた。(聞き手・藤生京子 朝日新聞論説委員)

『北の無人駅から』の取材で訪れた増毛町の海岸風景。高倉健主演の映画「駅 STATION(ステーション)」のロケ地としても知られる拡大『北の無人駅から』の取材で訪れた増毛町の海岸風景。高倉健主演の映画「駅 STATION(ステーション)」のロケ地としても知られる

メッセージありきではなく「共振」してもらう

――『北の無人駅から』は「文字にしないと消えてしまうものを残したい」という気持ちで執筆したということですね。北海道の鉄道から見える風景を描きながら、産業や自然保護、地方自治と幅広いテーマを扱う。本のあとがきでは、「ウソばかり書きつらねてきた」ことを顧み、それまでの思いのすべてを詰め込んだ、とあります。

『北の無人駅から』の取材で訪れた石北本線、上白滝駅(2009年8月の取材当時)。主産業の農林業の衰退で利用者が減り、16年、地元の住民や鉄道ファンに惜しまれつつ廃駅になった。
拡大『北の無人駅から』の取材で訪れた石北本線、上白滝駅(2009年8月の取材当時)。主産業の農林業の衰退で利用者が減り、16年、地元の住民や鉄道ファンに惜しまれつつ廃駅になった。
渡辺 北海道大学を中退して20年ほど、ライターとして広告の仕事をしてきました。北海道なら、豊かな自然、おいしい食べ物、といった、ありきたりのイメージをなぞるフレーズを多用して。ある意味、楽なんです。おとしどころが決まっていますから。最近は道内老舗企業の社史などの仕事をいただいて実質的な生計を立てていますが、いずれにしろ「私」のない文章です。

 だからこそ、ノンフィクションの作品では、自分のやりかたというものに、こだわっているのかもしれません。

――渡辺さんの考えるノンフィクションとは。

渡辺 結論を出すことではない。政策を提示することでもない。メッセージありきではなく、それは「にじみ出る」ものだと思いますね。

 自分に方法論らしきものがあるとすれば、こんな感じでしょうか。取材に出かけていって、右往左往する。Aさんに会えば、ああそうだと思い、Bさんに話をきけばなるほどと思う。Cさんに会ったら、全部うそだとわかった。世の中の問題って、ほとんど結論が出ないことばかりでしょう?

 そういう僕の揺れを読者に示し、いっしょに考えてもらう。共感、いや「共振」してもらう。それが僕の考えるノンフィクションですね。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

渡辺一史

渡辺一史(わたなべ・かずふみ) ノンフィクションライター

1968年、名古屋市生まれ。中学から大阪府豊中市で育つ。87年、北海道大学理Ⅱ系に入学して札幌市へ。大学在学中にキャンパス雑誌を創刊し、文学部行動科学科を中退。以降、北海道内を中心にフリーライターとして活動する。著書に『こんな夜更けにバナナかよ』(北海道新聞社、のち文春文庫)、『北の無人駅から』(北海道新聞社)。最新刊に『なぜ人と人は支え合うのか――「障害」から考える』(ちくまプリマー新書)