メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

無料

プロは過酷な試練を乗り越えて来とるんじゃ!

ゴルフも韓国伝統音楽も、一つを目指す心は同じ。分からないかな~

ミン・ヨンチ ミュージシャン 韓国伝統音楽家

ある一つのものを磨いてきた人たちは、悟っているのです

 お金でその人や職種を判断している感じが本当に腹立つ。で、また一つ思い出した。

 タイガーウッズの全盛期に、ある人とテレビを見ながら、私が「いいなあゴルフは人気あって、僕らは大変です」って言ったら、「違う! 違う! ゴルフと伝統音楽を一緒にすな! 全然違う! あほか!」ってどやされた。

 あの……もちろん違うのは知ってます。

 腹立った! むちゃくちゃ。

 だいたいこういう人たちが、「昔 OOやってたんだけど、途中でケガしちゃって、それでやめてプロになれなかったんだ」……。

 ハア!?

 お前なんかプロになれるかーー!!

 怪我くらいで、あきらめて過去の武勇伝ばかり語りやがって!

 プロ達はなあ、怪我の一つや二つ当たり前やし、それ以上の過酷な試練を、何度も何度も乗り越えて来とるんじゃ!!

 一生懸命に、一生懸命に、ある一つのものを磨いてきた人たちは、悟っているのです。

 人々のためになって、お役に立つよう仕事をしていこうと。

 そして、その気持ちは、すぐに一緒になって共有できる。

 ゴルフも韓国伝統音楽も、一つを目指す心は同じ。分からないかな~。

 今日はここまで。

P.S. 国立国楽高等学校シリーズは、まだまだ続きます。

韓国の伝統打楽器の即興“チャンゴソロ” 演奏:ミン ヨンチ=2018年8月、ブラジルのマナウス アマゾン劇場にて(ミン ヨンチさん提供)

 


筆者

ミン・ヨンチ

ミン・ヨンチ(閔 栄治) ミュージシャン 韓国伝統音楽家

大阪生まれ。幼少の頃からブラスバンドやドラムを経験し、高校から韓国へ。旧李王朝雅楽部養成所であった国立国楽高等学校に入学、ソウル大学音楽学部国楽科卒。1992年サムルノリ競演大会個人部最優秀賞。1992年国楽室内管弦楽団「スルギドゥン」に入団。1993年スーパー・パーカッション・グループ「PURI」創団メンバー。イ・ムンセ(歌手)のテレビ番組にも出演。現在も韓国伝統音楽とジャンルの違う音楽とのコラボレーションに活動中で、2009年に立ち上げた公演「新韓楽」ではジャズとコラボ―レーションした。日韓両国で数多くの公演。アルバム「HANA」(2015年/ユニバーサルミュージック・ジャパン)をリリース。ライブでは日本全国3万人を動員。国楽管弦楽の作曲にも力を入れ、2014年韓国文化芸術委員会で作曲賞受賞。「大衆に楽しんで聞いてもらえる楽曲作り」を目指す。

ミン・ヨンチの記事

もっと見る