メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

【公演評】星組『霧深きエルベのほとり』

古き良き宝塚が心に染みる、紅ゆずるが“男の中の男”を演じて伝説の名作に挑んだ

さかせがわ猫丸 フリーライター


拡大『霧深きエルベのほとり』公演から、カール役の紅ゆずる=岸隆子撮影

 星組公演、Once upon a time in Takarazuka『霧深きエルベのほとり』/スーパー・レビュー『ESTRELLAS(エストレージャス) ~星たち~』が、元旦に宝塚大劇場で初日を迎え、宝塚歌劇2019年のスタートを飾りました。

 『霧深きエルベのほとり』は、日本を代表する劇作家・菊田一夫氏が1963年に書き下ろした伝説の名作で、宝塚ファンなら一度はその名を耳にしたことがあるのではないでしょうか。

 ドイツの港町ハンブルグ。年に一度行われるビア祭りで出会った船乗りカールと令嬢マルギットの身分違いの恋は、古い時代の物語であっても、心揺さぶられずにはいられません。演出の上田久美子先生が学生時代に台本を読んで衝撃を受け、いつか手掛けたいと願っていたと熱く語ったことから、作品を知らない世代にも一層の期待が高まりました。

 主人公カールは粗野でいい加減に見えても、その心根は優しい“男の中の男”。血の通った演技には定評のある星組トップスター紅ゆずるさんが、もっとも得意とする役どころでしょう。表情豊かなカールに翻弄され、魅了されるのは、きっとマルギットだけではないはず……(以下、ネタバレがあります)。

優しいカールに紅らしさが光る

 オープニングは、貨物船フランクフルト号に乗るカール・シュナイダーが故郷エルベを想って歌うシーンから。白い船員帽と真っ白なコートの紅さんが、海の男らしいたくましさも感じさせながら哀愁たっぷりに歌うメロディーは、どこか懐かしく郷愁に誘われます。

 一転、舞台はビア祭へ。ドイツの民族衣装に身を包んだ男女が大階段を使って歌い踊り、劇中であることを忘れてしまう華やかなショーに、思わず心が浮き立ちました。

――ドイツ北部、ハンブルグ。貨物船を降りた水夫のカール(紅)は、仲間と訪れた酒場で、男たちにからまれていた家出娘マルギット(綺咲愛里)を助けた。店を抜け出した2人は年に一度のビア祭を楽しみ、丘の上にたどり着くと、“家出娘は酒場で出会った男にひどい目にあわされるのか”について話を弾ませ、互いに惹かれあっていく。エルベ河畔で一夜を共にし、愛を確かめ合ったカールはマルギットに求婚、2人はつかの間の幸せに酔いしれるのだった。

 カールは学もなく、言葉遣いや振る舞いも乱暴ですが、心根は優しく、いつも自分より他人のことを考えているようなあたたかさを持っています。この“ふざけてみえるけど、中身は繊細”は、まさしく紅さんにぴったりかもしれません。海の男らしい豪快さと、べらんめえ口調で話すところは、明るい持ち味が生きていますが、合間にチラチラのぞく優しさも紅さんらしい。作品のけん引力は、情感豊かなカール自身の魅力なだけに、公演を重ねるごとにますます深まっていくのではないでしょうか。

 カールの陽気な仲間たちには、テンガロンハットにブーツ、パイプがトレードマークで、船員らしくないカッコよさのトビアス(七海ひろき)、食いしん坊のオリバー(麻央侑希)、お調子者ですぐうらやましがるマルチン(瀬央ゆりあ)、カールにお金を貸して返してもらえないエンリコ(紫藤りゅう)らがいて、それぞれのキャラクターを生かした細かいお芝居が見逃せません。陸に上がったラフなデニムスタイルも、皆さんカッコいい。

 そこへ強引に仲間入りしてくる少年ヨーニー役の天飛華音さんにも注目です。目力が強く、わずかな出番でも印象を残し、ショーでもキレのあるダンスがどこにいても目を引きました。

◆公演情報◆
Once upon a time in Takarazuka『霧深きエルベのほとり』
スーパー・レビュー『ESTRELLAS ~星たち~』
2019年1月1日(火)~2月4日(月) 宝塚大劇場
2019年2月15日(金)~3月24日(日) 東京宝塚劇場
公式ホームページ
[スタッフ]
作:菊田一夫
潤色・演出:上田久美子
『ESTRELLAS ~星たち~』
作・演出:中村 暁

・・・ログインして読む
(残り:約2436文字/本文:約4126文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

さかせがわ猫丸

さかせがわ猫丸(さかせがわ・ねこまる) フリーライター

大阪府出身、兵庫県在住。全国紙の広告局に勤めた後、出産を機に退社。フリーランスとなり、ラジオ番組台本や、芸能・教育関係の新聞広告記事を担当。2009年4月からアサヒ・コム(朝日新聞デジタル)に「猫丸」名で宝塚歌劇の記事を執筆。ペンネームは、猫をこよなく愛することから。

さかせがわ猫丸の記事

もっと見る