メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

壮一帆が「新たな自分を見せたい」と意気込む/上

認知症の父親とその娘を描いたフランス戯曲『Le Père 父』を日本初上演

大原薫 演劇ライター


拡大壮一帆=冨田実布撮影

 認知症の父親とその娘を描いた『Le Père 父』が2019年2月~3月、日本で初上演される。フランスの気鋭の演出家・ラディスラス・ショラーによって2012年にパリで初演され、フランスのモリエール賞で最優秀脚本賞ほかを受賞し、ブロードウェイのトニー賞、英国のローレンス・オリビエ賞で主演男優賞を受賞した。フランスオリジナル版を演出したラディスラス・ショラーが日本で初演出する。

 夢なのか現実なのか、思い出なのか妄想なのか……。時間軸を含めて、認知症の父親からの視点で進むストーリーはSFのようでも、哀しいコメディのようでもある。認知症の父親アンドレを演じるのは日本屈指の名優、橋爪功。アンドレの娘アンヌは若村麻由美が演じる。

 父と娘を取り巻く人物である「女」を演じるのは、元宝塚歌劇団トップスターの壮一帆。「女」の出方でこの作品の質感も変わるという大役だ。宝塚歌劇団を退団して4年、バラエティに富んだ舞台で活躍する壮に本作への意気込みと今の心境を聞いた。

「大変な役をいただいた」と緊張しています

拡大壮一帆=冨田実布撮影

――認知症の父親を主人公とした作品ですが、ついさっきの会話が実は数年前の出来事であったり、初対面のはずの看護師はかなり前から世話をしてくれていたり。社会問題的な切り口から描くというよりは、ある意味SFのようでもでもありコメディでもあるような、不思議な味わいの作品ですね。

 そうですね。身近にあるテーマですが、台本を読むとファンタジー要素があるなと感じてしまいます。そのせいでしょうか、この作品のキャッチフレーズの「ある父を巡る哀しい喜劇(コメディ)」に、「そうか、なるほどね」と思いました。

――台本を読むと、壮さんが演じる「女」が登場したところから、「えっ? この物語はどう展開していくんだろう?」という驚きがありました。物語のポイントになる役で、壮さんが演じる「女」という役は「この人は誰なんだろう?」「どういうことなんだろう?」と観客の想像が膨らむ役ですね。

 そうですね。父親の視点なのか、娘の視点なのか、それを変えることで「女」も変わってくるだろうから、とても彩りがある役だなと思います。今は脚本を読み込んでいる段階ですが、「女」をどういう切り口で表現したらいいんだろうとひたすら考えています。「女」が誰であるか、お客様の想像にゆだねるという演じ方もあるだろうし、あるいは「女」が誰であるか、明確に表現していくという方法もあるだろうし。それに、現場に入って演出のショラーさんとディスカッションしながら作り上げていくのか、とにかく自分で固めたものを見ていただくのか……。いろいろな演じ方ができるという意味ではとてもやり甲斐がある役なのですが、「女」の出方一つでこの作品の質感も変わるだろうし、「大変な役をいただいたな」と改めて緊張しています。

◆公演情報◆
『Le Père 父』
2019年2月2日(土)~2月24日(日) 東京・東京芸術劇場 シアターイースト
2019年3月2日(土)~3月3日(日) 上田・サントミューゼ 小ホール
2019年3月6日(水) 高知・高知市文化プラザかるぽーと 大ホール
2019年3月9日(土)~3月10日(日) 名古屋・ウインクあいち
2019年3月16日(土)~3月17日(日) 兵庫・兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール
2019年3月21日(木・祝) 松本・まつもと市民芸術館 小ホール
公式ホームページ
[スタッフ]
作:フロリアン・ゼレール
翻訳:齋藤敦子
演出:ラディスラス・ショラー
美術:エマニュエル・ロワ
[出演]
橋爪功、若村麻由美、壮一帆、太田緑ロランス、吉見一豊、今井朋彦
〈壮一帆プロフィル〉
兵庫県出身。1996年に宝塚歌劇団に入団。2012年、雪組トップスターの就任。2014年に退団後は舞台を中心にライブ活動も精力的に行っている。 近年の主な出演に、ミュージカル『深夜食堂』、ミュージカル『マリーゴールド』、『SHOW STOPPERS!!』、『GEM CLUBⅡ』、『戯伝写楽2018』、『アダムス・ファミリー』、音楽劇『魔都夜曲』、『細雪』、ミュージカル『エドウィン・ドルードの謎』など。
壮一帆オフィシャルサイト

・・・ログインして読む
(残り:約1756文字/本文:約3540文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

大原薫

大原薫(おおはら・かおる) 演劇ライター

演劇ライターとして雑誌やWEB、公演パンフレットなどで執筆する。心を震わせる作品との出会いを多くの方と共有できることが、何よりの喜び。ブロードウェー・ミュージカルに惹かれて毎年ニューヨークを訪れ、現地の熱気を日本に伝えている。

大原薫の記事

もっと見る