メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

ZOZO「前澤ポエム」は優しい顔で権力に無自覚

“不都合な真実”を覆い隠した夢物語を信じてはいけない

勝部元気 コラムニスト・社会起業家

ZOZO前澤友作社長(中央)の「お年玉」企画は、格差社会についての議論を引き起こした拡大ZOZO前澤友作社長(中央)の「1億円お年玉」企画は、格差社会についての議論を引き起こした

質の低い賛否両論が応酬したネットの構造的問題

 「ZOZOTOWN」を運営する株式会社ZOZOの前澤友作社長が、自身のTwitterで100名に100万円(総額1億円)を配ったお年玉企画に批判が出ました。

 ですが、その多くは、前澤氏の企画に対して前稿(「ZOZO前澤氏1億円散布をゴウリテキに批評する」)で書いたような市場競争の観点やポトラッチ型支配の観点から指摘するのではなく、「下品(太田光氏、立川志らく氏、藤田孝典氏等)」「成金(常見陽平氏等)」「古臭い」といった言葉を使って批判を展開していました。

 一般人であればまだしも、言論や評論で仕事をしている人たちですら、今回の問題を言語化するのに苦労したのか、こういう心情語を使った反射的な非難の文章が散見され、論理的な批判を加える指摘が非常に少なかったように感じています。

 このような「稚拙な批判」が賛否の論争に無駄な火をつけたように思います。企画賛成派も、反対派の反応を「自分のお金なんだから何しようと他人の勝手でしょう」「前澤さんを悪くしようと必死」「どうせ金持ちに対する嫉妬でしょ」「文句あるならお前が企画やってから言え」という、これまたレベルの低い妄想・決めつけ・口封じをしたため、質の低い応酬になったように思うのです。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

勝部元気

勝部元気(かつべ・げんき) コラムニスト・社会起業家

1983年、東京都生まれ。専門はジェンダー論、現代社会論、コミュニケーション論、男女関係論、教育論など。女性の活躍を目指す企業の経営を支援する株式会社「リプロエージェント」の代表取締役CEOも務める。著書に『恋愛氷河期』(扶桑社)。ブログは 『勝部元気のラブフェミ論』、Twitterは @KTB_genki、Facebookは genki.katsube

勝部元気の記事

もっと見る