メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

「新派」がますます「新派」になって面白い!

ペリー荻野 時代劇研究家

「黒蜥蜴」「犬神家の一族」にびっくり

 そんなわけで約30年、機会があるごとに新派の舞台を見てきたが、ここへきてまた、新派にびっくりが続いている。

 その始まりは、2017年に初演された江戸川乱歩の「黒蜥蜴」だ。 ・・・ログインして読む
(残り:約1831文字/本文:約2775文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

ペリー荻野

ペリー荻野(ぺりー・おぎの) 時代劇研究家

1962年、愛知県生まれ。大学在学中よりラジオパーソナリティを務め、コラムを書き始める。時代劇主題歌オムニバスCD「ちょんまげ天国」のプロデュースや、「チョンマゲ愛好女子部」を立ち上げるなど時代劇関連の企画も手がける。著書に『バトル式歴史偉人伝』(新潮社)など多数。『時代劇を見れば、日本史はかなり理解できる(仮)』(共著、徳間書店)が刊行予定。