メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

無料

コミック・ノベルのデイヴィッド・ロッジ氏に聞く

『作家の運 デイヴィッド・ロッジ自伝』で創作の秘密と文学賞の内幕をつぶさに描く

三浦俊章 朝日新聞編集委員

自伝『作家の運』の日本語訳が刊行

デイヴィッド・ロッジ自伝『作家の運』(高儀進訳、白水社)拡大『作家の運 デイヴィッド・ロッジ自伝』(高儀進訳、白水社)
 イギリス文学にはコミック・ノベルとよばれるジャンルがある。人を笑わすだけのユーモア小説ではない。腹をかかえて笑ったあとに、人間について深く考えさせる小説群だ。現代イギリスでその名手と言えば、『交換教授』(1975年)や『どこまで行けるか』(1980年)で著名なデイヴィッド・ロッジ(83)である。

 英国と米国の大学教師が半年間ポストを交換するはずが、互いの妻をも取り換えてしまう『交換教授』は、米英の文化的メンタリティーの違いを巧みに描き、大学を舞台とするキャンパス・ノベルとしても高い評価を得た。『どこまで行けるか』は、人工的な避妊を戒律で禁じられたカトリックの若者たちの信仰とセックスの悩みを描く。滑稽なエピソードの連続でありながら、宗教という深刻な問題を真正面から描いている。

 半世紀以上にわたってそういう傑作を世に送り出してきたロッジが、老齢を迎えて自伝を執筆した。原著ではすでに2冊出ているが、ロッジが英文壇のスターだった40代から50代にかけての1976年~91年の日々を描いた第2巻『作家の運』が、このほど白水社から刊行された。翻訳は、これまでロッジの小説の多くを達意の訳文で日本に紹介してきた高儀進・早稲田大学名誉教授である。

 日本語版の刊行を前に、イギリスのバーミンガムの自宅に著者を訪ねた。インタビューは、創作の秘密、よい小説家になる条件、文学賞の功罪など多岐にわたった。

バーミンガムの自宅の書斎で語るデイヴィッド・ロッジさん拡大バーミンガムの自宅の書斎で語るデイヴィッド・ロッジさん

「なかなか良い時」に込めた意味

――ロッジさんの小説もそうですが、自伝のタイトルも魅力的ですね。日本ではまだ翻訳されていませんが、第1巻の『生まれるにはなかなか良い時 1935~75年』は、なぜ「なかなか良い時」(Quite a Good Time )という意味深なタイトルなのですか。

 「私は中流階級の下層の出身で、教育的には劣悪な環境でした。第2次世界大戦後にイギリスが福祉国家になり、貧しい家庭の子供でも能力があれば、大学に進めるようになりました。私はその恩恵を受けたのです。戦前の作家の多くは、私立の寄宿舎学校を経て、オックスフォードかケンブリッジ大学を出た人が多かった」

 「私は、彼らとはまったく違う文化的、社会的バックグラウンドから作家になったのです。戦後のイギリス社会は大きく変わり、出版社も、中流階級や労働社階級の生活を描く本を求めるようになりました。私が小説家になるには好都合の環境でした」

――『生まれるにはなかなか良い時』を読んでみましたが、戦後イギリスの社会史としても読めましたし、ロッジさんという小説家がいかに生まれたかという人間形成の物語、一種のビルドゥングス・ロマン(教養小説)としても楽しめました。お話を聞くと、タイトルは単純に「生まれるには良い時」のほうがふさわしいのでは。

「いや、よいことだけではないのです。1935年生まれの私は、戦争の時代の子供です。私の受けた学校教育はあまりよいものではありませんでした。先生たちは出征し、教師を養成するシステムも機能していませんでした。また、ヨーロッパの私の同世代の子供たちは、多くの悲劇に見舞われました。私は肉親も、友人も失いませんでしたが、彼らのことを思うと、『良い時』とは言えません。『なかなか』(quite)というのはいかにも英語らしい表現で、留保をつけているのです。総体としては良い時だったという意味を込めました」


筆者

三浦俊章

三浦俊章(みうら・としあき) 朝日新聞編集委員

朝日新聞ワシントン特派員、テレビ朝日系列「報道ステーション」コメンテーター、日曜版GLOBE編集長などを経て、2014年から現職。