メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

小林カツ代はなぜ求められ続けているのか

丹野未雪 編集者、ライター

小林カツ代さん=1999年拡大亡くなって5年、いまだに根強い人気が続く料理研究家の小林カツ代さん=1999年

 料理研究家の小林カツ代さんの担当編集者になっておよそ5年、新刊を出したときにかならずといっていいほどいわれる言葉がある。

 「えっ、亡くなっていたんですか」

 はい、2014年1月に亡くなりました。わたしは亡くなってからのお付き合いなのです、とそのつど答えている。

 そう、カツ代さんが亡くなって先日1月23日で5年になる。にもかかわらず、そうした言葉が返ってくるたび、「たしかに生きてるみたいだな」と思えるほどの活躍ぶりに驚く。カツ代さんが死去後に出した新刊・復刊は(担当外の本も含めて)およそ10冊、平均して年に2~3冊という現役なみのハイペースだからだ。

小林カツ代さんの著作や、彼女にまつわる本拡大小林カツ代さんの著作や関連の書籍
 確かにその死が再評価のきっかけのひとつだったろう。しかしながらカツ代さんがくも膜下出血で倒れた2005年以降、ご本人のメディアへの登場がなくなってからも小林カツ代キッチンスタジオ名義を含め、本やムックの刊行は2010年頃まで続いていた。昨年2018年に出された新刊『小林カツ代のきょうも食べたいおかず』(河出文庫)の著者プロフィールに記した著書の数は、「200冊を超える」。

 著書が途絶えることなく世に出つづけている状況を振り返ってみると、カツ代さんが過去の人になっていないことにあらためて驚く。死去にさいしNHKで速報が流れ、雑誌やテレビでは特集が組まれ、亡くなって5年たった現在も、彼女のレシピを紹介する記事が出たり、料理研究家のレジェンドとして紹介されているのだ。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

丹野未雪

丹野未雪(たんの・みゆき) 編集者、ライター

1975年、宮城県生まれ。ほとんど非正規雇用で出版業界を転々と渡り歩く。おもに文芸、音楽、社会の分野で、雑誌や書籍の編集、執筆、構成にたずさわる。著書に『あたらしい無職』(タバブックス)、編集した主な書籍に、小林カツ代著『小林カツ代の日常茶飯 食の思想』(河出書房新社)、高橋純子著『仕方ない帝国』(河出書房新社)など。趣味は音楽家のツアーについていくこと。