メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

大坂なおみのCMとホワイトウォッシュの底深い闇

赤尾千波 富山大学人文学部人文学科教授(アメリカ文学・文化専攻)

ビヨンセは白く、オバマとタイガーは黒く

 写真におけるホワイトウォッシュで興味深い例を紹介しよう。

 同じ有名人の黒人でも、肌色を白く修整するのはビヨンセ(2008年にロレアルの広告写真が英『ガーディアン』紙で批判された例が有名)、リアーナ、ガボレイ・シディベなど女性であり、逆に黒っぽく修整されたのは、アメリカのオバマ前大統領、タイガー・ウッズ(白人女性とのスキャンダルで報道されたプロゴルファー)、O.J.シンプソン(白人女性の妻殺害容疑で逮捕されたプロアメリカンフットボール選手)など、男性ということだ(詳しくはRussell, “Trading Races” p.275)。

https://www.peoplemagazine.co.za/fashion-and-beauty/celebs-skin-lightening-50-shades-lighter/拡大歌手ビヨンセ=以下のサイトよりhttps://www.peoplemagazine.co.za/fashion-and-beauty/celebs-skin-lightening-50-shades-lighter/
https://www.essence.com/news/commentary-elles-paper-bag-test/拡大女優ガボレイ・シディベ=以下のサイトよりhttps://www.essence.com/news/commentary-elles-paper-bag-test/

シンプソン.拡大元アメリカンフットボール選手O.J.シンプソン=以下のサイトよりhttps://abcnews.go.com/International/photos/pharrell-cover-controversial-mag azine-covers-16328228/image-16328306

 このことが示唆するのは、女性は白いほど美しいという通念がある一方、黒人は黒いほど野卑との偏見があり、大統領もスポーツヒーローも「(肌の黒い黒人は)所詮は野蛮人だ」、との演出をしているということだ。

 このような手の込んだ例とは別に、何気なくなされたかのようなホワイトウォッシュ写真も多い。 ・・・ログインして読む
(残り:約4439文字/本文:約5666文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

赤尾千波

赤尾千波(あかお・ちなみ) 富山大学人文学部人文学科教授(アメリカ文学・文化専攻)

津田塾大学学芸学部英文学科卒。筑波大学大学院修士課程地域研究研究科、インディアナ大学大学院を経て、筑波大学大学院博士課程文芸・言語研究科途中退学。岐阜大学教育学部助手を経て現職。著書に『アメリカ映画に見る黒人ステレオタイプ――『国民の創生』から『アバター』まで』(富山大学出版会)など。 研究室HP アメリカ映画に見る黒人ステレオタイプ』関連資料