メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

【公演評】花組『CASANOVA』

「宝塚の恋人」から「世界の恋人」へ―明日海りおが究極の色男になり運命の恋に出会う

さかせがわ猫丸 フリーライター


 花組、祝祭喜歌劇『CASANOVA』が、2月8日、宝塚大劇場で初日を迎えました。今回の主人公は稀代のプレイボーイ、ジャコモ・カサノヴァ――宝塚男役が演じるには、まさに最適なキャラクターといえるでしょう。今回の作品は、カサノヴァが繰り広げる愛と夢の冒険譚を、18世紀ヴェネツィアを舞台に、宝塚らしいアレンジでミュージカル作品に仕上げました。

 演じる明日海りおさんは、これが大劇場9作目。花組トップスターとして円熟期を迎えています。透明感ある美貌にクールなキャラクターは、誰のものにもならない色男が最高に似合い、「宝塚の恋人」にとどまらず「世界の恋人」と呼ぶにふさわしい魅力にあふれています。

 また、トップ娘役・仙名彩世さんがこの公演で退団となりました。カサノヴァと運命の恋に落ちる総督の娘を、明るく華やかに演じ、明日海さんとともに豊かな歌唱力と演技で客席を酔わせます。

 音楽を担当するのは『1789 -バスティーユの恋人たち-』や『太陽王~ル・ロワ・ソレイユ~』などを手掛けたドーヴ・アチア氏。フレンチミュージカルの薫り高い音楽が、全編に渡ってドラマチックに彩っているのも大きな見どころとなりました。

明日海が平成最後の色男になる

拡大『CASANOVA』公演から、カサノヴァ役の明日海りお=岸隆子撮影

 明日海さんはそのキュートな容姿から、トップ就任当初はフェアリー路線と思われましたが、『あかねさす紫の花』の中大兄皇子など骨太な役から、『新源氏物語』の光源氏や『仮面のロマネスク』のヴァルモンなど女性を惑わす色男まで、カリスマ性ある大人の男を次々とモノにし、カワイイなんて形容詞はもはや口にできなくなりました。

 今回、演じるカサノヴァは、名前そのものが代名詞にもなるほどのプレイボーイ。もちろん、今の明日海さんにとって不足はありません。

――18世紀中頃、ヴェネツィア共和国。ジャコモ・カサノヴァ(明日海)は、世界中の女性をとりこにし、その名を馳せていたが、ある日、魔術で人心を乱した罪で、国事犯審問所審問官コンデュルメル(柚香光)に投獄されてしまう。だが、めげないカサノヴァは、監獄で出会ったバルビ神父(水美舞斗)とともに脱獄を計画、まんまと逃げおおせる。保護者のブラガディーノ卿(航琉ひびき)のもとに身を寄せ、さっそく得意の魔術で行く末を占うと、「カーニヴァルに乗じてミラノへ逃げよ。その道中で、人生を変えるほどの恋に出会う」とのお告げが下り、胸を躍らせるのだが……。

 ブロンドの髪を無造作にしばった明日海さんは、全身シルバーのスタイルがまぶしいほどに美しい。のびやかな歌声で綴るアチア氏の楽曲はどれもドラマチックですが、特に真っ赤な衣装を着た娘役さんたちに囲まれるナンバーは、まさにカサノヴァを象徴するようです。大勢の女たちをメロメロにしていく様子には、客席の淑女たちも一緒に同化してしまうのではないでしょうか。甘い歌声に甘いマスク、余裕たっぷりな貫禄は、まさに平成最後の色男。満開に咲き誇る花のような輝きに、トップスターとしての充実期も実感します。

 牢獄仲間のバルビを演じるのは水美さん。公演を重ねるごとに存在感を増していますが、今回は見た目のインパクトも抜群です。乱れた髪に無精ひげをたくわえたワイルドな外見は、4年も収監されている罪人そのもの。突然やってきたカサノヴァに心酔し、行動をともにするようになりますが、いつの間にかカサノヴァの弟分のようになって、見かけもきれいになり、ちゃっかり恋人もできるなど、なかなか隅に置けません。

◆公演情報◆
祝祭喜歌劇『CASANOVA』
2019年2月8日(金)~3月11日(月) 宝塚大劇場
2019年3月29日(金)~4月28日(日) 東京宝塚劇場
公式ホームページ
[スタッフ]
作・演出:生田大和
作曲:ドーヴ・アチア
Contact and Agent of Mr. Dove Attia: Guillaume Lagorce Organisation info@glorganisation.com

・・・ログインして読む
(残り:約2189文字/本文:約3851文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

さかせがわ猫丸

さかせがわ猫丸(さかせがわ・ねこまる) フリーライター

大阪府出身、兵庫県在住。全国紙の広告局に勤めた後、出産を機に退社。フリーランスとなり、ラジオ番組台本や、芸能・教育関係の新聞広告記事を担当。2009年4月からアサヒ・コム(朝日新聞デジタル)に「猫丸」名で宝塚歌劇の記事を執筆。ペンネームは、猫をこよなく愛することから。

さかせがわ猫丸の記事

もっと見る