メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

新井浩文被告は大バカ者。だけど、切なくて

矢部万紀子 コラムニスト

新井浩文拡大強制性交罪で起訴された新井浩文被告。俳優としての評価は高かった

 お笑い芸人の卵たちのライブを観に行った。つい最近のことだ。まだデビュー前の彼らを前に、司会の人気タレントが言っていた。「女と薬は絶対ダメだからね。この世界、一発退場だから」。

 新井浩文被告が2月21日、強制性交罪で起訴された。これで彼はもう、芸能界からの「退場」が決定した。そう言っていいのだろう。本当に大バカ者だと思う。

 話を少しさかのぼらせる。2018年12月、フジテレビは映画『マスカレード・ホテル』を盛り上げることに全力投球していた。主演する木村拓哉がかつて主演したドラマ、その再放送を連日繰り広げていたのだ。

 まずは「ヒーロー」を12月14日から1月18日まで。18日が映画公開日だったからもうおしまいかと思いきや、1月21日から「プライド」再放送が始まった。2004年放映の「月9」で、木村はアイスホッケー選手を演じていた。

 思い入れがあるドラマでも何でもなかったが、見た。新井浩文被告が出ていたからだ。

 彼が出ていたのは10話と11話だけだった。が、フジテレビにとって間の悪いことに、その再放送が予定されていたのが、2月1日という逮捕の日からすぐ、4日から6日までだった。同社はその日のうちに彼の出演部分をカットして放送すると決め、そのことがすぐに報じられた。

 新井浩文という俳優が好きだった。この文章も、それを前提に書いている。

 好きだった俳優が逮捕されたからあれこれネット検索し、「プライド」はFOD(フジテレビオンデマンド)でも見られることを知った。「1カ月無料お試し」コースに入り、視聴したのが2月7日。15年前の彼は、まだ少し幼さの残る顔つきだった。ヒョロリとした体型を持て余すような演技で、それがいい味になっていた。

 だが、今はもう見られない。この原稿を書くにあたりFODを再視聴したら、起訴よりずっと前に「新井いないバージョン」に変わっていた。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

矢部万紀子

矢部万紀子(やべ・まきこ) コラムニスト

1961年生まれ。83年、朝日新聞社に入社。宇都宮支局、学芸部を経て、週刊誌「アエラ」の創刊メンバーに。その後、経済部、「週刊朝日」などで記者をし、「週刊朝日」副編集長、「アエラ」編集長代理、書籍編集部長などをつとめる。「週刊朝日」時代に担当したコラムが松本人志著『遺書』『松本』となり、ミリオンセラーになる。2011年4月、いきいき株式会社(現「株式会社ハルメク」)に入社、同年6月から2017年7月まで、50代からの女性のための月刊生活情報誌「いきいき」(現「ハルメク」)編集長をつとめた後、退社、フリーランスに。著書に『美智子さまという奇跡』(幻冬舎新書)、『朝ドラには働く女子の本音が詰まってる』(ちくま新書)。

矢部万紀子の記事

もっと見る