メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

大震災を描く小説と「想像する」ことのむずかしさ

丹野未雪 編集者、ライター

石巻沿岸部=2017年、撮影・筆者拡大石巻沿岸部=2017年、撮影・筆者

 毎年、宮城県沿岸部を歩いている。高さ4メートルになる防潮堤、水産加工工場へと続く道路の高盛土工事が進む一帯だ。子ども時代を過ごした地域は津波による被害を受け、よく遊んだ場所は非可住区域になった。東日本大震災から8年、復旧・復興が成し遂げられた場所がある一方、雑草が揺れるばかりの、時が止まったかのような場所にも出くわす。

 港を往復する大型トラックのほかには特に人通りのない防災緑地予定地一帯を歩いていると、ふと思うことがある。2011年3月11日より前の風景を知らない人が、このだだっ広い空き地のような町を見たとき、かつてここに住宅が立ち並び、ありふれた生活が営まれていたことを想像できるだろうか。

 もし、自分がどこかの被災地をはじめて訪れたとき、そうした日常への想像力をどれくらい持てるだろうか。まったく自信がない。想像力のもとには、現実、事実という土台が必要だ。

 いうまでもないけれど、東日本大震災は現在進行形のできごとだ。生活再建の風景に目がなじんでいく一方で、地方紙には次のようなニュースが報じられる。

 昨年(2018年)10月24日、宮城県気仙沼市の防潮堤の工事現場で遺体が見つかった。12月12日付の「河北新報」の見出しは「『やっと妻も成仏できる』身元判明の遺骨戻る 捜し続けた日々、今は涙」。防潮堤の工事現場で発見されたのは、約100片の骨。DNA鑑定の結果を気仙沼署から伝えられた夫は、長女とともに確認し、妻であることを確認した。

遺骨が見つかった現場付近では、解体した防潮堤を取り除く作業が進められている=2018年12月11日、宮城県気仙沼市波路上岩井崎拡大遺骨が見つかった現場付近=2018年12月11日、宮城県気仙沼市波路上岩井崎

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

丹野未雪

丹野未雪(たんの・みゆき) 編集者、ライター

1975年、宮城県生まれ。ほとんど非正規雇用で出版業界を転々と渡り歩く。おもに文芸、音楽、社会の分野で、雑誌や書籍の編集、執筆、構成にたずさわる。著書に『あたらしい無職』(タバブックス)、編集した主な書籍に、小林カツ代著『小林カツ代の日常茶飯 食の思想』(河出書房新社)、高橋純子著『仕方ない帝国』(河出書房新社)など。趣味は音楽家のツアーについていくこと。