メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

AKB総選挙中止でしみじみ思った指原莉乃の凄さ

青木るえか エッセイスト

1位が松井珠理奈さんと発表され、ナゴヤドームに集まっ拡大松井珠理奈さんが1位になった2018年のAKB選抜総選挙=ナゴヤドーム

 何かこう、じんわりといやーな気持ちになる「AKB選抜総選挙、今年は中止」の報。

 お茶の間の皆さんがニヤニヤ笑いながら、「あーもうAKBもオワコンだねえ」と言って次の瞬間にはもう忘れている、ようなニュースだ。オワコンという言葉の、いかにも見下したような響きにぴったり。

 「バカなオタクファン(イメージは太って汗かいたオヤジ)が秋元康のカネ儲けの手段に踊らされて、投票のために大量のCDを買わされる自業自得のバカイベント。AKBなんて歌も歌えないダンスもへなちょこでブスばっか、そんな連中まとめてみんなお気の毒さま(上から)、総選挙も打ち切りでご愁傷さま〜」

 と、あとからあとからAKB総選挙中止について「AKBに興味もない人」が「思うであろうこと」が思い浮かぶのである。ああツライ。でも皆さんもそう思ったりしてるんでしょ? ちがいますか?

「AKB総選挙の中にいる人」は「ほっとしている」

 自分はこのニュースはツイッターで誰かがつぶやいているのを見て知って思わず声が出た。「えーっ」。

 自分としてはニュース速報でピロピロ音とともにテレビ画面に出てもいいようなバリューがあったのだが、こんなものがニュース速報で出たりしたらますますAKBに対する風当たりが強くなっただろうからやらなくてよかった。

 一般の人ではなく「AKB総選挙の中にいる人=踊らされてる(と思われている)ファン」が、このニュースをどう思ったかというと、

 「ほっとしている」

 というのがまずある。

AKB総選挙の投票用紙(画像の一部を加工しています)拡大AKB総選挙の投票用紙(画像の一部を加工しています)

 このニュースのあと、ツイッターで「よし浮いたお金でマンション買おう」というつぶやきがあって笑った。もちろん冗談で言ってるわけだけど、その人はウワサによれば相当いっぱい投票券買っていて、メンバーから握手会の時にじきじきに投票について相談を受けるぐらいの、いわゆる太客だ。それぐらいの人となれば、毎回中古車1台(いや、新車か)ぐらいの金をつぎ込んでいたとしても恨みつらみをこぼすようなことはなく、もちろん恩着せがましいことも言わず、態度は清々しい(内心は知りませんが)(でも醜い内心をお漏らししてしまうような人は、このタイプにはほんとうに少ない)。

 たぶん、私みたいな底辺の、毎回20枚から100枚ぐらい「投票券入りCD」を買うという層がいちばん「身を削った(削らされた)」感が強く、いろいろなことを思い出して悲しみが湧いたり怒りを抑えがたくなったりしているのではないか。投票したメンバーが27位とか53位とか41位とかそのへんの結果だったりすると、その時は「やったぞ! 入ったぞ!」という喜びも達成感も幸せもあるが、そういう順位がその後の発展のキッカケとしてどうにかなるかというとあまり何もなく、あとは虚しさばかりがつのることになる。これは実は、上位16位までの選抜メンバーになったとしても、あまり状況は変わらなかったりするのだが。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

青木るえか

青木るえか(あおき・るえか) エッセイスト

1962年、東京生まれ東京育ち。エッセイスト。女子美術大学卒業。25歳から2年に1回引っ越しをする人生となる。現在は福岡在住。広島で出会ったホルモン天ぷらに耽溺中。とくに血肝のファン。著書に『定年がやってくる――妻の本音と夫の心得』(ちくま新書)、『主婦でスミマセン』(角川文庫)、『猫の品格』(文春新書)、『OSKを見にいけ!』(青弓社)など。

青木るえかの記事

もっと見る