メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

無料

真冬のハワイで考えた「交ざる」ということ

違うジャンルが「交ざる」時、一番大事なのは、お互いをリスペクトする気持ちだ

ミン・ヨンチ ミュージシャン 韓国伝統音楽家

日本のジャズチームとツアーをまわって

 2月には日本でジャズの人たちと、ジャズハウスツアーをまわらせていただいた。

 トライソニークという東京をベースに活動している、ジャズチーム。

 昔から知り合いのすごいミュージシャンたち。

 前もって、2月くらいにツアーに参加できないかな?ってお願いいしたら、気持ちよくOKしてくれた。

 日本の6か所を回った。車1台でみんなと楽器と一緒に。

 千葉県柏、神奈川県本厚木、名古屋、大阪、京都、東京。

 ちょい体はつらかったけど、楽しかったなあ。

 とにかく何しろ演奏が、すさまじい!!

 私、こう見えても、けっこう演奏には自信があるのですが、この人たちの中に入れば、油断できない!

 ちょっとでも気を許せば、えらいこと!

 まるでデパートで迷子になった子供みたいに、その場から動けず、何もできなくなってしまう。

 毎日違う音で会話を求めてくる。

 そう、すごいんです。日本の一流ジャズマンたちの実力は世界水準!

 彼らはどんなミュージシャンでも一緒に演奏する。どんなジャンルでも。どんな国の音楽でも。

 彼らは、音さえ出れば、一緒に音楽を作ってくれる。

 けど、こちらも、ある程度の知識と努力も必要だ。

 違うジャンルが「交ざる」時、一番大事なのは、一緒に演奏するには 、お互いをリスペクトする気持ちだ。

 私は、彼らの音楽魂に惚れている。

 圧倒的に私より、前進した素晴らしい技術と感性を持っているから。

 少しでもそれを学んだり実感したくて一緒にさせてもらっている。

 これからも、お願いしたい。

拡大pxl.store/shutterstock.com

 またこの人たち、車の中でも普段でも会話が、ほとんど、ジャズか音楽の話ばっかり。

 これもすごいけど、そんな中で、関西に着いたときに私にこう聞いてきた、

 私は関西なので、「ミンさん、どうして関西の人たちは、語尾によく、“知らんけど”っていうんですか?」って。

「何それ?どういうこと?」

「たとえばね、道を説明してる時とかに、そこの次を右にいって、その次、左に行けばあると思うんやけど……多分。……。知らんけど」

「知らんけど!?」

 言ってる。確かに。気が付かなかった。面白い!

 関西の方はお気づきになってはいないかもしれませんが、よく使ってますよ。

「知らんけど。」

 1度気にしてみて下さい。

 こんな風に、言葉のワンフレーズをも音楽としてキャッチしてしまうトライソニーク。まさにリスペクト!

 「交ざる」ということ。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

ミン・ヨンチ

ミン・ヨンチ(閔 栄治) ミュージシャン 韓国伝統音楽家

大阪生まれ。幼少の頃からブラスバンドやドラムを経験し、高校から韓国へ。旧李王朝雅楽部養成所であった国立国楽高等学校に入学、ソウル大学音楽学部国楽科卒。1992年サムルノリ競演大会個人部最優秀賞。1992年国楽室内管弦楽団「スルギドゥン」に入団。1993年スーパー・パーカッション・グループ「PURI」創団メンバー。イ・ムンセ(歌手)のテレビ番組にも出演。現在も韓国伝統音楽とジャンルの違う音楽とのコラボレーションに活動中で、2009年に立ち上げた公演「新韓楽」ではジャズとコラボ―レーションした。日韓両国で数多くの公演。アルバム「HANA」(2015年/ユニバーサルミュージック・ジャパン)をリリース。ライブでは日本全国3万人を動員。国楽管弦楽の作曲にも力を入れ、2014年韓国文化芸術委員会で作曲賞受賞。「大衆に楽しんで聞いてもらえる楽曲作り」を目指す。現在、韓国芸術総合大学、梨花女子大学、秋藝芸術大学講師。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

ミン・ヨンチの記事

もっと見る