メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

「準強かん」事件、福岡地裁・無罪判決の非常識

男性社会に流布した女性観の妄信

杉田聡 帯広畜産大学名誉教授(哲学・思想史)

レイプドラッグ被害を啓発する映像が流れた。東京都と性暴力救援センター・東京(SARC東京)が企画し、相談を呼びかけている=25日、東京・新宿拡大酒に薬物を入れられる「レイプドラッグ」被害を啓発する活動は各地で行われるようになってきたが……=東京・新宿

 福岡地裁久留米支部で異常な判決があった。テキーラの一気飲みで意識もうろうとなって拒絶不能の状態に陥った女性を強かんした被告に、無罪判決(求刑・懲役4年)が出されたのである。

 その根拠はあまりに薄弱である。被害女性は嘔吐した後も眠り込んだ状態だったというが、それにもかかわらず、女性が「目を開けたり、何度か声を出したりした」事実をもって、被告は、「女性が〔性交を〕許容している、と……誤信してしま〔った〕」と、裁判官は認定したのである(毎日新聞2019年3月12日付)。

 被告が本当にそう誤信したのなら、被告(44歳)が社会人としていかに常識を欠いているかが明らかだが、この言い分を追認した裁判官の常識欠如はそれを上まわる。被告は、あるいはこの言い分を言い訳・合理化に利用しただけかもしれないが、裁判官は本気でこの言い分が成り立つと信じたようである。

 その根底には、今日の男性社会によく見られる女性観がある。

男性社会に流布した女性観

 それは、「女性は誰とでもセックスしたがるし、相手が誰であれ男性の性的働きかけに応じる」という女性観である(杉田『AV神話――アダルトビデオをまねてはいけない』大月書店、2008年、47頁以下参照)。

 今回の事件では、女性が抵抗不能どころか、心神喪失状態にあったにもかかわらず、女性が性交を受け入れたと、裁判官も信じこんでいる。被告側はそれを言い訳にすれば無罪が勝ち取れると信じ、そして裁判官は見事にそれに応えた。

 相手が抗拒(抵抗)不能の状態にあることに乗じて、あるいはそうさせた上で、行われる強かんは、刑法上「準強かん」と言われるが(今日の改定刑法では正確には「準強制性交等」)、準強かん罪の構成要件は被害者が「心神喪失」あるいは「抗拒不能」の状態にあったことである(刑法178条第2項)。今回の事件では、女性が「抗拒不能」だったことは、当裁判官もはっきりと認定した。だが、女性が強いアルコールに酔って眠り込んだ状態にあったのだとすれば、それは、女性は同時に「心神喪失」状態にあり、まっとうな判断を行いえない状態にいたことをも意味している。

 にもかかわらず、「女性が〔性交を〕許容してい(た)」と、女性のまともな判断があったかのように認定した裁判官は異常である。被告が、そう信じましたと主張したのであろうが、それを裁判官が追認したのであれば、裁判官がしばしば言い訳に使う「経験則」が問われなければならない。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

杉田聡

杉田聡(すぎた・さとし) 帯広畜産大学名誉教授(哲学・思想史)

1953年生まれ。帯広畜産大学名誉教授(哲学・思想史)。著書に、『福沢諭吉と帝国主義イデオロギー』(花伝社)、『逃げられない性犯罪被害者——無謀な最高裁判決』(編著、青弓社)、『レイプの政治学——レイプ神話と「性=人格原則」』(明石書店)、『AV神話——アダルトビデオをまねてはいけない』(大月書店)、『男権主義的セクシュアリティ——ポルノ・買売春擁護論批判』(青木書店)、『天は人の下に人を造る——「福沢諭吉神話」を超えて』(インパクト出版会)、『カント哲学と現代——疎外・啓蒙・正義・環境・ジェンダー』(行路社)、『「3・11」後の技術と人間——技術的理性への問い』(世界思想社)、『「買い物難民」をなくせ!——消える商店街、孤立する高齢者』(中公新書ラクレ)、など。

杉田聡の記事

もっと見る