メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

大ヒットから40年 二人の「異邦人」の心の旅 

あの名曲を歌った久保田早紀から久米小百合へ。今はキリスト教のために歌う日々

丸山あかね ライター

久米小百合さん拡大久米小百合さん

 1979年に発売され、140万枚の大ヒットとなった昭和の名曲「異邦人」。あれから40年がたった今年の2月、一冊の本が出版された。『ふたりの異邦人』(いのちのことば社 フォレストブックス)。著者の久米小百合さんこそが、「久保田早紀」という名のシンガー・ソングライターとして「異邦人」を生み出した人物なのだ。

 芸能界引退後、賛美歌を通じてキリスト教を伝える音楽伝道者に転身し、精力的に活動を行っている久米さん。東京・銀座の教文館ウェンライトホールにて出版記念トークイベントが開催された3月15日、執筆をめぐる想いを聞いた。

自伝「ふたりの異邦人」を出版して

『ふたりの異邦人』(いのちのことば社 フォレストブックス)拡大『ふたりの異邦人』(いのちのことば社 フォレストブックス)
――自伝の出版、おめでとうございます! たちまち重版ということで凄いですね。

 ありがとうございます。重版と聞いてホッとしました。売れなかったらどうしようと不安だったものですから。いよいよ出版という段になって、私の本なんて誰が買ってくれるのかしら? とか思ってしまったりして。

 そうしたところが、「昭和というのは本当にいい時代でしたね」とか、「青春時代を懐かしく思い出しました」といった感想が寄せられて、そこかと(笑)。音楽の力ですね。ピアノでビートルズの曲を弾けるようになりたかったというくだりや、フォークソングブームで盛り上がっていたといった音楽の話は、同年代の人達の共通項なのでしょう。

 「夜のヒットスタジオ」や「ザ・ベストテン」など、歌番組の話からお茶の間のテレビを一緒に見ていた家族の思い出、当時の恋愛の記憶などが蘇(よみがえ)ったと言ってくださる方もいます。

――本を出版された経緯について教えてください。

 還暦の節目に本を出版したら? と周囲の方に勧められました。文章を書くのは好きなのですが、書き始めてから長い文章を書いたことはなかったかもと気づいて(笑)。お引き受けしなければよかったと後悔するほど大変でした。

 でも、今は書いてよかったと思っています。いろいろスッキリしました。「なぜ芸能界を引退したのか」「どうしてキリスト教へ改宗したのか」といったことについては、今だから話せることもありますし、いつか胸の内を明かしたいと思っていたので。

――久保田早紀さんとして活動していた時代のことを封印していた時期もあったようですが、過去と向き合い、記憶の掘り起こしをするのは大変な作業だったのではありませんか?

 本を書くと決めたからにはということで、とにかく正直に、等身大で書くよう努めました。ついつい、いい人を装ったり、かっこよくまとめたりしたくなってしまうのですが、それをしたらダメだと自分に言い聞かせて。あの時、本当はどう思っていたんだっけ? どういう大人の事情が絡んでいたのだっけ? と思い出しながら。昔から記憶力はいいんですよ。けっこう細かいことまで覚えてました。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


関連記事

筆者

丸山あかね

丸山あかね(まるやま・あかね) ライター

1963年、東京生まれ。玉川学園女子短期大学卒業。離婚を機にフリーライターとなる。男性誌、女性誌を問わず、人物インタビュー、ルポ、映画評、書評、エッセイ、本の構成など幅広い分野で執筆している。著書に『江原啓之への質問状』(徳間書店・共著)、『耳と文章力』(講談社)など

丸山あかねの記事

もっと見る