メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

無料

均一化した日本のTVがコンマリを米国に奪われた

コンテンツの出演者にも進むTV離れ

勝部元気 コラムニスト・社会起業家

AbemaTV拡大AbemaTVは地上波の番組に不満をもつ視聴者をどれだけ獲得していけるだろうか

 「TVが面白くなくなった」という話は昨今よく耳にしますが、それについて前回の記事「『お笑い芸人』がTVをつまらなくした真犯人だ」では、視聴者の価値観が多様化し、「何を面白いと感じるか」も多様化したことが原因の一つであると指摘しました。

 その一方で、TVの側でコンテンツの「単一化・均一化」が進んだため、様々なニーズに応えることが出来ず、面白いと感じる人が減っている側面もあると思います。視聴者が多様化しているのに提供されるコンテンツが似たようなものでは、「面白くない」と感じる人は当然増えるわけです。

「お笑い味」しかしなくなった日本の番組

 平成後期になって日本のテレビで進んだ単一化・均一化の例はいくつかありますが、その中の一つに、お笑い芸人がバラエティーに限らず、ありとあらゆる番組に出演するようになったことがあげられます。

 確かに「お笑い的面白さ」も重要な一つですが、「面白さ」は決してそれだけではありません。「知的好奇心をそそられる面白さ」「真剣なスポーツに感じる面白さ」「ドキュメンタリー映像にある人間ドラマの面白さ」等、本当は面白さには多様性があるはずです。声を出して笑うエンターテインメントにも、シュール、アイロニー、ユーモア等、様々な要素があります。

 ところが、日本のテレビ界ではお笑い芸人があまりに増え過ぎたために、従来のバラエティー番組だけではなく、報道番組にも、スポーツ番組にも、ドキュメンタリー番組にもお笑い芸人が進出し、「お笑い的面白さ」や「お笑いノリ」があらゆる場面で取り込まれるようになりました。

 そのため、純粋にスポーツを楽しみたいのに、お笑い芸人のお笑い的要素が入って来るケースや、ニュースにお笑い芸人のお笑い的要素が入って来るケースが増えたわけです。シュール、アイロニー、ユーモア等の要素がメインに据えられたエンターテインメント番組もほとんどないでしょう。

 どんな食材にもマヨネーズを大量に投下する人を「マヨラー」と言いますが、ラーメンでも牛丼でもお寿司でもあらゆる料理にマヨネーズをかけるような店にはマヨラーしか来店しないはずです。それと同様に、TV番組が「お笑い的面白さ」ばかりになったために、お笑い要素抜きに純粋にコンテンツそのものを楽しみたいというファンを顧客として獲得出来ていないのだと思います。


筆者

勝部元気

勝部元気(かつべ・げんき) コラムニスト・社会起業家

1983年、東京都生まれ。民間企業の経営企画部門や経理財務部門等で部門トップを歴任した後に現職。現代の新しい社会問題を「言語化」することを得意とし、ジェンダー、働き方、少子非婚化、教育、ネット心理等の分野を主に扱う。著書に『恋愛氷河期』(扶桑社)。株式会社リプロエージェント代表取締役、市民団体パリテコミュニティーズ代表理事。所有する資格数は71個。公式サイトはこちら

勝部元気の記事

もっと見る