メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

無料

31歳になった「ビリギャル」が書いた真実の物語

慶應大学卒業から就職、転職、結婚、離婚……人生は何があるか分からない!

丸山あかね ライター

あのビリギャルが本を出版!

小林さやかさん拡大小林さやかさん

 塾講師である坪田信貴氏が『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40あげて慶應大学に現役合格した話』(KADOKAWA刊)を出版し、ベストセラーとなったのは2013年のこと。2015年には『ビリギャル』として映画化され大ヒットを記録した。「聖徳太子」を「せいとくたこ」と読んで「(へんな名前で)超かわいそうじゃね?」と言っていた金髪ギャルの快挙に希望を与えられたという人もいることだろう。

 ビリギャルブームから5年、大学受験から約13年が過ぎた今年の3月、ついにビリギャル本人の本が発売され、早くも話題を呼んでいる。タイトルは『キラッキラの君になるために』(マガジンハウス刊)。著者の小林さやかさんに本書に寄せる思いを訊いた。

ビリギャル目線で書きました

 シンプルな装い、ナチュラルなメイク、人を包み込むような優しい笑顔……。

 取材場所に現れた小林さんに、ビリギャルだった人とは思えないと忌憚のないところを伝えると、「よく言われます。でも、私ももう31歳なので」と照れたように笑った。

――なぜ、いま本を書いたのですか?

 「坪田先生の本に書かれていることはすべて真実なのですが、あれは先生から見た私の大学合格物語。この本は、なにが自分をそうさせたのか、私目線で当時を振り返って書いたものです。私が受験を経て感じたことや確信していることを言葉にすることで大切なことがより深く伝わるといいなと。上手く書けたと思います。あと、略して『キラキミ』っていうタイトルも、メッチャ気に入ってます。この本を読んでくれたみんなにキラッキラに輝く人生を送って欲しい」

 「一番伝えたかったのは、挑戦する前から諦めないでってこと。ビリギャルっ地頭が良かっただけでしょって思ってる人がいるみたいなんですけど、そうじゃない。私が備えていたのはああちゃん(お母さん)が『さやちゃんは世界一幸せになれる子なのよ』って言って育ててくれたおかげで刷り込まれていた自己肯定力だけ。単純なのも取り柄かな。慶応大学って知らなかったけど、嵐の櫻井翔君とキャンパスで会えるかもと聞いて、すっかりその気になったんですからねぇ(笑)」


筆者

丸山あかね

丸山あかね(まるやま・あかね) ライター

1963年、東京生まれ。玉川学園女子短期大学卒業。離婚を機にフリーライターとなる。男性誌、女性誌を問わず、人物インタビュー、ルポ、映画評、書評、エッセイ、本の構成など幅広い分野で執筆している。著書に『江原啓之への質問状』(徳間書店・共著)、『耳と文章力』(講談社)など