メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

無料

『大往生』永六輔さんの「売れる新書のセオリー」

小木田順子 編集者・幻冬舎

瀬戸内寂聴(左)との再会を楽しむ永六輔拡大親しかった瀬戸内寂聴さんとの再会を楽しむ永六輔さん=2013年7月、京都市右京区嵯峨野

「知識の本」と「知恵の本」

 永六輔さんの『大往生』(岩波新書)が大ヒットした理由を、読者層でなく、本の中身から見るとどうなるか。

 『大往生』は、「これは僕の生き方講座です」(帯コピー)と銘打った、人生論だ。

 前稿で紹介した『伝える人、永六輔――『大往生』の日々』(集英社)の著者、井上一夫さんは、当時、ヒットの理由を分析して、「いま求められているものが、高みからの解説や知識ではなく、知恵というか、人間としてのメッセージということではないかと思うからです」と述べている。

 「知識の本」「知恵の本」というのは、本づくりにおける井上さんのキーワードだ。前者は論拠が重要で組み立てが意味を持つ世界。後者は断片が魅力的で、語り口こそが大事。当時の教養新書の基本は「知識の本」。それに対して『大往生』は、読者によく生きるための「こやし」を提供する「知恵の本」という、新書の新しい可能性を開いたと、井上さんは続けている。

 メインは「知識の本」、新しい可能性として時々「知恵の本」。井上さんが描いた、当時の教養新書の構図は、すっかり様変わりした。新書が「新書のかたちをした本」としか定義できなくなった現在、「知識の本」も「知恵の本」も、人生論も健康実用本も自己啓発書も学術系教養書も、すべてはフラットに並ぶ。

 最近、若い編集者に「新書って何ですか?」と聞かれて、「新書っていうのは、もともとは、学者がその研究成果を一般の読者向けに分かりやすく解説したものでね。岩波新書や中公新書は知ってる?」というところから話を始めることがよくある。こうやって、『大往生』の登場が、いかに衝撃的だったかを書いても、彼らには、もうピンとこないのだろう。『大往生』にはそれほどの破壊的影響力があったのだ。そのことにも、25年たった今、あらためて驚くばかりだ。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


関連記事

筆者

小木田順子

小木田順子(こぎた・じゅんこ) 編集者・幻冬舎

1966年、長野県生まれ。90年、PHP研究所に入社。PHP新書創刊に携わる。2005年、幻冬舎に入社し、幻冬舎新書の創刊に携わる。気がつけば、編集者人生の大半を新書編集者として過ごしている。担当した本は村山斉『宇宙は何でできているのか』(新書大賞2011)、香山リカ『しがみつかない生き方』、國分功一郎『来るべき民主主義』など。書評誌『いける本・いけない本』編集長も務める。