メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

ノートルダム大聖堂火災、市民の対照的な光景

林瑞絵 フリーライター、映画ジャーナリスト

4時間以上たっても燃え続けるノートルダム大聖堂拡大火災発生から4時間以上たっても燃え続けるノートルダム大聖堂

 ユネスコの世界文化遺産に登録されるパリのノートルダム大聖堂。2019年に、856歳の誕生日を迎えたこの歴史的建造物が、4月15日の夜、真っ赤な炎に包まれた。その様子は日本を含む世界にも、大きな驚きをもって広く報道された。当のフランス国民はというと、当たり前にパリの景観に溶け込み、長きにわたって優美な姿を誇ってきた大聖堂が、今まさに消滅するかもしれないという現実味のなさに呆然とし、驚き悲しみ、動揺していた。

 筆者はパリ在住であるが、初めに家族から電話で「ノートルダムが燃えている」と聞かされた時、まずはフェイクニュースを疑ってしまった。昨年(2018年)末、パリのコンコルド広場前にある美術館ジュ・ド・ポームが焼けたというニュース(実際は建物近くの車が焼けただけだが、写真のせいで建物が燃えているように見えた)に、まんまと引っかかったせいである。しかし、まもなく報道はノートルダムの火災の話題一色となり、事実のあまりの重さに愕然とした。

 鎮火までにはかなりの時間を要した。報道によると18時50分頃に出火し、ほぼ鎮火にこぎつけたのが明け方近く。多くの国民が固唾を呑み、成り行きをライブで見守るという特異な体験をしたことだろう。とりわけ尖塔が崩れ落ちる光景には、大きな衝撃が走った。

 さて、火災発生中から、ネット民に広くシェアされた動画が2種ほどあった。

 ひとつは燃え盛る大聖堂に向かい、信者たちが賛美歌を捧げるシーンである。彼らは肩を寄せ合い歌っているのだが、中にはひざまずいたり、涙声の人まで見られた。場所は現場から至近距離にあるオルレアン河岸やサン・ルイ橋、サン・ミッシェル広場、教会のあるサン・ジュリアン・ル・ポーヴル通りなど。彼らの自然発生的な振る舞いは、信者でなくとも強く胸を打つものがあった。たとえ火災現場に一緒にいなくとも、人々は動画をシェアすることで、彼らの気持ちに寄り添い、ともに祈る気持ちになったのではないか。祈りは宗教観の違いを超え、人間の原始的な感情でもあるのだろう。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

林瑞絵

林瑞絵(はやし・みずえ) フリーライター、映画ジャーナリスト

フリーライター、映画ジャーナリスト。1972年、札幌市生まれ。大学卒業後、映画宣伝業を経て渡仏。現在はパリに在住し、映画、子育て、旅行、フランスの文化・社会一般について執筆する。著書に『フランス映画どこへ行く――ヌーヴェル・ヴァーグから遠く離れて』(花伝社/「キネマ旬報映画本大賞2011」で第7位)、『パリの子育て・親育て』(花伝社)がある。

林瑞絵の記事

もっと見る