メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

時代の境を生きる 「震災後」の東北で

祝祭に酔う時、置き去りになる「傷」に向きあう

瀬尾夏美 アーティスト

 新しい元号が発表されてから、おめでたいという空気がまちにもメディアにもSNS上にも見られるようになった。個人的には、その素直さは意外なほどであって、いったいなぜ、いつの間におめでたいモードに切り替わったのかが身体感覚的に理解できず、世間の熱を帯びた空気にうまくついていけない感じがある。

スケッチをする瀬尾夏美さん拡大スケッチをする筆者=2014年、岩手県陸前高田市、小森はるか撮影

 新しい時代が始まるという。ならば、よりよい時代になってほしいと願う。それ自体は悪いことではないだろうし、たしかに新しさはいつも晴れやかな印象をまとっている。だから、ひとつの時代が終わることと、新しい時代を迎え入れることを歓迎する。けれど、それが翻って、いまの時代の後ろ暗さを示しているとしたら、その暗さは振り切ってよいものだったろうか。そもそも、私たちが暮らしている日本の「いま」はどんな時間なのだろう。

「震災後、オリンピック前」という時間

 あえて位置付けるとしたら、「震災後、オリンピック前」とでも言えるだろうか。このときの「震災」は、2011年の東日本大震災を指し示す。これ以降にも大きな災害は各地で起きたけれど、未曽有の規模の被災と原発事故によって、社会構造の根本的な歪みがあらわになってしまったという感覚は、多くの人に少なからぬ衝撃を与えたと思う。

  昭和の終わり、63(1988)年生まれ、当時大学院への進学を控える大学4年生の春休み中だった私は、その衝撃をもろに受けた世代のひとりかもしれない。1995年の阪神・淡路大震災の時は小学1年生、2001年の9.11は中学1年生だったこともあり、当時さらにぼんやりとしていた私は、それらの出来事と自分の存在が地続きであることにすら、気付いていなかったと思う。 ・・・ログインして読む
(残り:約3819文字/本文:約4533文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


関連記事

筆者

瀬尾夏美

瀬尾夏美(せお・なつみ) アーティスト

1988年、東京都足立区生まれ。宮城県仙台市在住。土地の人びとの言葉と風景の記録を考えながら、絵や文章をつくっている。2011年、東日本大震災のボランティア活動を契機に、映像作家の小森はるかとの共同制作を開始。2012年から3年間、岩手県陸前高田市で暮らしながら、対話の場づくりや作品制作を行なう。2015年仙台市で、土地との協働を通した記録活動をする一般社団法人NOOK(のおく)を立ち上げる。現在も陸前高田での作品制作を軸にしながら、“語れなさ”をテーマに各地を旅し、物語を書いている。/プロフィール写真©布田直志