メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

渋沢栄一の「奇蹟」を追体験して「渋沢脳」になる

「まず多くの人を豊かにすることによって自分も豊かになる」

香取俊介 脚本家、ノンフィクション作家

渋沢栄一(1840―1931)拡大渋沢栄一(1840―1931)

もし渋沢栄一がいなかったら…

 ともあれ、趣旨に賛同してくれた田中渉氏の助力を得て出来上がったのが、『渋沢栄一の経営教室Sクラス』(日本経済新聞出版、2014年)である。多くの若い人に渋沢栄一の偉業を知って欲しいとの思いから、映像化を視野にいれた作りにした。主役は金銭的に窮状に陥った現代の高校生とし、イジメにあった末、幕末の渋沢邸にタイムスリップをするという設定にした。

 単なるタイムスリップものでは面白くないので、タイムスリップ先で高校生は八咫烏(やたがらす/日本神話で神武天皇の道案内をしたとされるカラス)に変身する。そして血気盛んな渋沢青年の着物の袖にはいり、尊皇攘夷の吹き荒れる幕末から明治維新にかけて、およそ8年間、渋沢と行をともにする。徳川慶喜の弟、徳川昭武のパリ留学のお守りとしてパリにいく渋沢に同行し、渋沢の見聞を八咫烏姿の高校生は自分の糧にしていく。やがて現世にもどって起業をし、「渋沢スピリッツ」に基づき悪戦苦闘の末、会社を成功に導く。

 執筆当時、僕は旧友から「心臓移植をしないと命にかかわる中学生の男の子」の話を聞いていた。日本では心臓移植は禁止されているので、アメリカで手術を受ける必要がある。その費用は1億5000万円と高額だ。有志が募金活動をはじめ、なんとか目標額が集まったところ、中学生は短い命を閉じてしまった。

 この出来事からヒントを得て、主人公の母親を、「アメリカで心臓移植をしないと1年足らずで死んでしまう」という設定にした。高校生は、時折亡霊で出現する渋沢栄一のアドバイスに助けられたりしながら事業に成功し、1億円余の金額を用意できた。ところが時遅し、母親の心臓は止まってしまった……。

 完成原稿に目を通してくださった渋沢史料館の館長から、「この小説は渋沢栄一の格好の入門書です。面白い展開だし、ぜひ多くの若い人に読んで欲しい」と褒め言葉をいただいた。

 人をどう評価するかは、その人の価値の尺度によって180度かわってしまう。僕は評価の基準を「もしその人がいなかったら、どうなっていたか」に置く。

 歴史に「もし」は意味のないことといわれるが、渋沢栄一については「もし渋沢がいなかったら」と前置きして、明治維新から大正、昭和、平成の世の中がどうなっていたか、想像をめぐらせたくなる。渋沢がこの世に存在しなかったら、恐らく日本の近代化はかなり遅れ、日露戦争に敗北するか、あるいは戦いを避けたことも考えられる。地味ながら渋沢は近代日本にとって、それほど大きな存在だった。

大隈重信と共に、大蔵省の基礎をつくる

 経済活動ばかりではない。渋沢は「国の発展の基礎は教育にあり」という信念のもと、「商業活動に学問は不用」「女子に高等教育は無用」という当時の風潮に抗して、東京商科大学(現・一橋大学)や日本女子大学の設立に、金銭面でも精神面でも多大の協力をした。他の教育施設の創設に際しても、渋沢の貢献はめざましく、鮮やかでもある。

 例えば早稲田大学。1917年、大学が出来て間もなく「早稲田騒動」が勃発した。初代学長の高田早苗と2代目学長の天野為之との間で、教育方針等をめぐって意見が対立。全学をまきこんでの大騒動となり、何人もの教授が辞め、学生の間からも退学者が続出した。二次にわたる騒動であった。

 初代総長の大隈重信は政治の中枢で難題にとりくみ忙しく、解決に乗り出す余裕もない。そこで渋沢が ・・・ログインして読む
(残り:約1927文字/本文:約4175文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

香取俊介

香取俊介(かとり・しゅんすけ) 脚本家、ノンフィクション作家

1942年、東京生まれ。東京外語大学ロシア科卒。NHK(番組制作局ドラマ番組班など)を経て、1980年より、脚本家、ノンフィクション作家に。「異文化摩擦」と「昭和」がメインテーマ。ドラマ作品に「私生活」(NHK)、「山河燃ゆ」(NHK・共同脚本)、「静寂の声」(テレビ朝日系)。ノンフィクション作品に『マッカーサーが探した男』(双葉社)、『もうひとつの昭和』(講談社)、『今村昌平伝説』(河出書房新社)、『北京の檻 幽閉五年二ケ月』(共著、文芸春秋)など。小説に『いつか見た人』(双葉社)、『渋沢栄一の経営教室 Sクラス』(共著、日本経済新聞社)など。