メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

『日本国紀』に現れた「日本というお母さん」伝説

早川タダノリ 編集者

大アジア主義残党に語り継がれるプラモート発言

 ところが、「記事をいまここに持っている」という人物が現れた! ・・・ログインして読む
(残り:約3383文字/本文:約6852文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

早川タダノリ

早川タダノリ(はやかわ・ただのり) 編集者

1974年生まれ。国民統合の技術としての各種イデオロギーに関心を持ち、戦前・戦時の大衆雑誌や政府によるプロパガンダ類をはじめ、現代の「日本スゴイ」本などを蒐集。著書に『「日本スゴイ」のディストピア――戦時下自画自賛の系譜』(朝日文庫)、『神国日本のトンデモ決戦生活』(ちくま文庫)、『「愛国」の技法――神国日本の愛のかたち』(青弓社)、『原発ユートピア日本』(合同出版)、『憎悪の広告――右派系オピニオン誌「愛国」「嫌中・嫌韓」の系譜』(合同出版、能川元一氏と共著)、『まぼろしの「日本的家族」』(青弓社、編著)などがある。