メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

無料

雅子さまに「適応障害」を語っていただけたら…

矢部万紀子 コラムニスト

皇后さま拡大皇后・雅子さまに自らの人生を語っていただけないだろうか

均等法第1世代、皇室への「転職」

 5月1日午前、新天皇即位の儀式を伝えるNHKニュースに、新皇后雅子さまと田園調布雙葉学園で小学校から高校まで一緒だったという友人2人が出演していた。

 そのうちの1人、土川純代さんはかつて大手銀行の総合職として働いていたという。雅子さまの外務省勤務と合わせ、司会の武田真一アナウンサーがそう紹介した。

 「女性がバリバリ働く時代の幕開けでしたよね。働くことについて、どんなふうに語り合いましたか?」という武田アナの問いかけに、土川さんはこう答えた。

 「お互いに均等法施行後の1期生として一緒にキャリアを積んで、社会貢献できるようにとよく語り合っていました」

 雅子さまを考える上で、絶対に欠かせないのが男女雇用機会均等法(均等法)だ。5月18日の論座トークイベント「皇室から考える女性の生き方」でも語る予定だが、雅子さまの入省は1987年、均等法施行の翌年で「均等法第1世代」(86―90年入社の総合職女性)、土川さんの言うところの「1期生」であることが大きいと思う。

 ちなみに私は均等法施行の3年前に新聞社に入ったが、「社会貢献しよう」などと友人と語り合ったことは一度もない。自分のダメさを棚に上げて続けるなら、均等法という仕組みが社会貢献をしようという発想を作ったという面も多々あったと思う。そう、第1世代の女性たちは、使命に燃えていた。

 バリキャリなどという言葉は、もう死語だろうか。バリバリのキャリアウーマンの略。ハーバード大→東大→外務省と絵に描いたようなバリキャリの雅子さまが93年、皇太子さま(当時)と結婚された。だから婚約が決まった皇室会議後の記者会見で、外交官の職を捨てることに後悔はないかと質問が出たのは当然のことだった。

 「いろいろと考えた結果、今私の果たすべき役割というのは殿下のお申し出をお受けして、皇室という新しい道で自分を役立てることなのではないか、と考え」決心したのだから悔いはない。それが雅子さまの答えだった。

 自分を役立てる。すなわち「社会貢献」。土川さんと語り合った、その旗は降ろさない。ただ、歩く道を変える。嫁ぐというより転職。雅子さまは変わらず、使命に燃えていた。

外務省を訪れ、北米二課で笑顔で記念品を受け取る小和田雅子さん。1993年2月.拡大外務省を退職する際、北米二課で記念品を受け取る雅子さま=1993年2月、代表撮影


筆者

矢部万紀子

矢部万紀子(やべ・まきこ) コラムニスト

1961年生まれ。83年、朝日新聞社に入社。宇都宮支局、学芸部を経て、週刊誌「アエラ」の創刊メンバーに。その後、経済部、「週刊朝日」などで記者をし、「週刊朝日」副編集長、「アエラ」編集長代理、書籍編集部長などをつとめる。「週刊朝日」時代に担当したコラムが松本人志著『遺書』『松本』となり、ミリオンセラーになる。2011年4月、いきいき株式会社(現「株式会社ハルメク」)に入社、同年6月から2017年7月まで、50代からの女性のための月刊生活情報誌「いきいき」(現「ハルメク」)編集長をつとめた後、退社、フリーランスに。著書に『美智子さまという奇跡』(幻冬舎新書)、『朝ドラには働く女子の本音が詰まってる』(ちくま新書)。

矢部万紀子の記事

もっと見る