メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

「日本というお母さん」記事の改変と跋扈

早川タダノリ 編集者

大東亜会議の各国代表  
写真説明 右から、タイのワンワイタヤコン殿下、汪精衛中華民国(南京政府)行政院長、青木一男大東亜相、張景恵中華民国総理、重光葵外相、フィリピンのラウレル大統領、ビルマのバー・モウ首相、インドのチャンドラ・ボース首班  

フォトアーカイブ入力写真
*撮影日は推定の場合もあり、再利用の際は、写真説明とともに確認・校閲をお願いします    撮影(提供)者 東京写真部 
撮影者肩書き   
出稿所属部門   
撮影日 1943年11月4日 
被写体所在地 国会議事堂正面で 
 
拡大大東亜会議の各国代表。右から、タイのワンワイタヤコン殿下、汪精衛中華民国(南京政府)行政院長、青木一男大東亜相、張景恵中華民国総理、重光葵外相、フィリピンのラウレル大統領、ビルマ(当時)のバー・モウ首相、インドのチャンドラ・ボース首班=1943年11月4日、国会議事堂正面で

派生バージョンの誕生

 前回「『日本国紀』に現れた「日本というお母さん」伝説」で書いたように、『アジアに生きる大東亜戦争』でクローズアップされて以降、名越二荒之助(なごし・ふたらのすけ)が掲載年月日・掲載紙も原文も明らかにしないままにほうぼうで紹介していたククリット・プラモートの「記事」が、さまざまなバージョンを生み出しながら拡散していった。

『日本国紀』に現れた「日本というお母さん」伝説

 まず大きな変化の一つ目は、これまで名越文献にはなかった一文が追加されたことである。

 土生良樹『日本人よありがとう――マレーシアはこうして独立した』(日本教育新聞社出版局、1989年)は、戦時中の「南方特別留学生」として日本で教育を受け、のちに政治家となったラジャー・ダト・ノンチックの波乱万丈な生涯に、マレーシア独立史をからめて描いたものだ。いうまでもなく著者の立場は「四世紀半に及び、アジアの植民地を支配したヨーロッパ勢を鎧袖一触で倒し、アジアの新時代の黎明を招来した日本人の血潮の業績は、青史(世界史)に明記され、マレーシア、インドネシア、そしてビルマの人々の心に、日本が残した遺産となって生きています」(310頁)というもの。

 日本の敗戦について触れられたこの本の第6章で、突然ククリット・プラモート「記事」が出てくる。

 タイの元首相ククリット・プラモード氏が、タイの新聞『サイヤム・ラット』紙に発表した『十二月八日』と題するものである。
 「日本のおかげで、アジアの諸国はすべて独立した。日本というお母さんは、難産して母体をそこなったが、生まれた子供はすくすくと育っている。今日、東南アジアの諸国民が、アメリカやイギリスと対等に話ができるのは、一体だれのおかげであるのか。それは『身を殺して仁をなした』日本というお母さんがあったためである。十二月八日は、われわれにこの重大な思想を示してくれたお母さんが、一身を賭して重大決意をされた日である。さらに八月十五日は、われわれの大切なお母さんが、病の床に伏した日である(強調筆者)。われわれはこの二つの日を忘れてはならない」(142頁)

 名越のオリジナルと読点の位置など細かい違いがあるが、何よりも「八月十五日は、われわれの大切なお母さんが、病の床に伏した日である」という一文が新たに「発見」され、つけくわえられたことだろう。さらにここでは、名越が一貫して曖昧にし続けてきた掲載紙を、「サイヤム・ラット」紙とはっきり表示してもいるのには驚いた。

 これは土生が独自のソースにあたったのか?とも思われたが、参考文献には「サイヤム・ラット」紙が挙げられておらず、他方名越の『大東亜戦争を見直そう』が挙げられており、日本語の訳文も『見直そう』にほとんど沿っていることから、土生による独自訳ではなく、名越本からの引用がベースとなっていると推測しうる。

 もしも名越がプラモート「記事」の原文を所持していたのなら、「八月十五日」以降の記述を意図的に無視したとは考えられない。このことから、土生本における「八月十五日」の一文の「発見」と掲載紙の追加は、名越によるこのプラモート記事「発見」にならぶ不可解な事件としか言いようがない。こうなるとこの一文の追加は〈創作〉だと断定したくなる衝動に駆られるが、一応「可能性が濃厚に疑われる」としておこう。名越も土生も、原文も掲載年月日も示していないのだから、本人たちがそれを公表すればすべて解決するのだが。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

早川タダノリ

早川タダノリ(はやかわ・ただのり) 編集者

1974年生まれ。国民統合の技術としての各種イデオロギーに関心を持ち、戦前・戦時の大衆雑誌や政府によるプロパガンダ類をはじめ、現代の「日本スゴイ」本などを蒐集。著書に『「日本スゴイ」のディストピア――戦時下自画自賛の系譜』(朝日文庫)、『神国日本のトンデモ決戦生活』(ちくま文庫)、『「愛国」の技法――神国日本の愛のかたち』(青弓社)、『原発ユートピア日本』(合同出版)、『憎悪の広告――右派系オピニオン誌「愛国」「嫌中・嫌韓」の系譜』(合同出版、能川元一氏と共著)、『まぼろしの「日本的家族」』(青弓社、編著)などがある。