メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

優秀なのに自己肯定感が低い女性が多いのはなぜ?

優秀であるほど突き刺さる自己責任論の刃

勝部元気 コラムニスト・社会起業家

「環境」にも問題があるのに、「成果が出ないのは努力が足りないせいだ」と、自分ばかりを責める女性は少なくないという(写真はイメージです)
拡大「環境」にも問題があるのに、「成果が出ないのは努力が足りないせいだ」と、自分ばかりを責める女性は少なくないという(写真はイメージです)

 日本人は自己肯定感が低い人が多いと言われています。実際、「我が国と諸外国の若者の意識に関する調査」のような統計を見ても、他国と比べて自分自身に満足できている人の割合はかなり低くなっています。とりわけ、男性よりも女性のほうが低い傾向にあるようです。

 自己肯定感の高低は、必ずしも学力・収入とは一致しません。勉強や仕事において優秀な人や、様々な才能に恵まれている人、社会の美的基準と一致した容姿を兼ね備えている人ほど、自己肯定感も高いと思うのが自然かもしれませんが、「優秀なのになぜか自己肯定感が低い」という人がおそらくあなたの周りにもいることでしょう。

 では、優秀なのになぜ自己肯定感が低いのでしょうか? 様々な理由が考えられると思いますが、「優秀なのに自己肯定感が低い」ではなく、「優秀であるからこそ自己肯定感が低い」という視点で見ると、どこに問題があるのかとてもよく分かると思います。

自己責任論の矛先が自分自身に向いてしまう

 それを紐解く上で重要なのが、前回の記事「上野千鶴子・東大祝辞への反応で分かる貴方の味方」でも触れた上野千鶴子氏による東大入学式の祝辞です。上野氏は祝辞の中で「がんばったら報われるとあなたがたが思えることそのものが、あなたがたの努力の成果ではなく、環境のおかげだ」と述べました。

 これは、成功した者が陥りがちな「公正世界仮説(=「頑張った分だけ必ず報われる」という認知バイアス)」と、そこから導かれる「自己責任論(成果が得られないのは頑張らなかったからだという考え)」を暗に否定しています。

 上野氏があの場面でこの発言をしたのは言わずもがな、東京大学の入学者や出身者に「環境のおかげ」という要素を理解することができず、「東大合格という結果に繋がったのは100%自己の努力の成果だ」と思い込んでしまう人、つまり自分の努力を過剰に評価してしまう人が少なくないと感じているからでしょう。

 この歪んだ解釈は、成功しているうちはまだ悪影響は少ないのかもしれません。ですが、たとえ優秀な人でも人生は成功ばかりではなく、失敗もすれば壁にぶつかることもあります。むしろそのほうが多いのが通常でしょう。その時に、環境要因という概念が欠如していると、全て矛先が自分に向いてしまいます。「成果が出ないのは100%自分のせいだ」と、自分を責める論拠になってしまうわけです。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

勝部元気

勝部元気(かつべ・げんき) コラムニスト・社会起業家

1983年、東京都生まれ。民間企業の経営企画部門や経理財務部門等で部門トップを歴任した後に現職。現代の新しい社会問題を「言語化」することを得意とし、ジェンダー、働き方、少子非婚化、教育、ネット心理等の分野を主に扱う。著書に『恋愛氷河期』(扶桑社)。株式会社リプロエージェント代表取締役、市民団体パリテコミュニティーズ代表理事。所有する資格数は71個。公式サイトはこちら

勝部元気の記事

もっと見る