メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

演出家・倉田淳インタビュー

スタジオライフ『11人いる!』開幕!

真名子陽子 ライター、エディター


拡大倉田淳=岩田えり撮影

 スタジオライフの音楽劇『11人いる!』が18日に池袋・あうるすぽっとで開幕します。本作は1975年に発表された萩尾望都さんの漫画原作で、過去スタジオライフで2度上演され、今回は新たに音楽劇として6年ぶりに蘇ります。脚本・演出を担当するスタジオライフ・倉田淳さんに、上演しようと思ったきっかけや作品の魅力についてお話を伺いました。

[STORY]
宇宙大学の入学試験の最終テストは、外部との接触を断たれた宇宙船で10人一組が53日間の宇宙飛行を成し遂げるというもの。非常信号の発信ボタンを押して外部との接触を図れば生命は保証されるが、連帯責任で全員が不合格となる。しかし宇宙船白号には10人のはずがなぜか11人いた。スタートから謎を抱え、閉鎖された宇宙船で次々起こる不可解な出来事。受験生たちの試される時が始まった。

役者たちの感情をアップするために歌を入れた

――この『11人いる!』を6年ぶりに上演しようと思ったきっかけをお願いいたします。

 原作の萩尾先生が今年漫画家生活50年でいらっしゃいますので、先生の作品を上演したいという思いがありました。先月まで上演していました『なのはな』も萩尾先生の作品なんですが割と最近の作品ですので、少し前の作品をと思った時にふわっと浮かんできたのが『11人いる!』でした。

――今年から高校演劇(芸術鑑賞教室)も再始動されるそうですが、その作品でもあるんですよね。

 そうなんです。清々しくて爽やかな作品ですので、高校演劇公演もこの作品を持って回らせてもらえたらありがたいなと思って萩尾先生にお願いをしたところご快諾くださいました。

――今回は音楽劇となっての再演です。

 先生の原作がありますので基本はこれまでと変わらないのですが、役者たちの感情をアップするために歌を取り入れました。

――前回公演の『なのはな』にも歌が入っていましたね。

 歌が入るとシンプルに楽しいですし、やはり音楽の力は大きくて役者たちの気持ちを高揚させるパワーがあります。今回が3回目ですので、何かひとつ先へ行きたい、気持ちをガッツリと組んで上へあがりたいと思って音楽の力を借りようと、音楽劇という形をとりました。

お互いに分かり合うこと、思いやること

拡大倉田淳=岩田えり撮影

――SFと聞くと難しい話かなという印象もあるのですが…。

 この作品はまっすぐに観ていただけたら良いと思います。萩尾先生はSFが大好きですので宇宙が舞台になっていますが、ものすごくシンプルにメッセージを書いていらっしゃいます。異星人が集まっていますから、それぞれ考え方や習慣も姿形も全く違います。その人たちが1カ所に集められていろんな問題に立ち向かっていく。いろんな人種の中で、お互いに分かり合うこと、思いやること、それらがこの作品には詰まっていて、今の時代に必要なことを映し出していると思います。

――この作品で見せたいことは?

 10人のはずが11人いるというアクシデントがあり、でも閉鎖空間の中で生き抜くためにはどうしたらいいかという究極の選択から始まっていきます。誰が11人目なのかに執着する人、渦巻く過去の記憶に対峙する人……最初はみんながそれぞれの方向を向いているんだけれど、それがだんだんお互いに何を考えているかを分かり合うようになっていきます。そして最後にある事が起こることでみんなが歩み寄って協力をし始めたところ、最後の最後に本当の意味での究極の選択がやってきます。ひとりのためにみんなでする決断。その決断をするまでのその過程をお見せしたいと思っています。

◆公演情報◆
音楽劇『11人いる!』
東京:2019年5月18日(土)~6月2日(日)  あうるすぽっと
公式ホームページ
[スタッフ]
原作:萩尾望都 『11人いる!』((C)萩尾望都/小学館)
脚本・演出:倉田淳
[出演]
曽世海司、船戸慎士、関戸博一、松本慎也、宇佐見輝、若林健吾、千葉健玖、牛島祥太、伊藤清之、鈴木宏明/宮崎卓真(客演)、高尾直裕(客演)/藤原啓児
〈倉田淳プロフィル〉
東京都出身。1976年、演劇集団「円」演劇研究所に入所。第1期生。芥川比呂志に師事。氏の亡くなる1981年まで演出助手をつとめた。1985年、河内喜一朗と共にスタジオライフ結成、現在に至る。劇団活動の他、1994年より西武百貨店船橋コミュニティ・カレッジの演劇コースの講師を務めた。また英国の演劇事情にも通じており、その方面での執筆、コーディネーターも行っている。

・・・ログインして読む
(残り:約1136文字/本文:約3005文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

真名子陽子

真名子陽子(まなご・ようこ) ライター、エディター

大阪生まれ。ファッションデザインの専門学校を卒業後、デザイナーやファッションショーの制作などを経て、好奇心の赴くままに職歴を重ね、現在の仕事に落ち着く。レシピ本や観光情報誌、学校案内パンフレットなどの編集に携わる一方、再びめぐりあった舞台のおもしろさを広く伝えるべく、文化・エンタメジャンルのスターファイルで、役者インタビューなどを執筆している。

真名子陽子の記事

もっと見る