メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

『日本国紀』に流れ着く誤読と誤記の産物

早川タダノリ 編集者

「新しい歴史教科書をつくる会」の藤岡信勝(左)と西尾幹二、高橋史朗=2001年拡大「新しい歴史教科書をつくる会」の藤岡信勝氏(左)と西尾幹二氏(中央)、高橋史朗氏=2001年

「十二月八日」をめぐる誤読のトホホ

 1995年に刊行された、歴史・検討委員会編『大東亜戦争の総括』(展転社)という本がある。1993年に、当時の細川護煕首相が「大東亜戦争」について「私は侵略戦争であった、間違った戦争であったと認識している」と発言し、これに反発した自民党内右派議員が集まって作ったのが、編者としてクレジットされている「歴史・検討委員会」であった。

 この委員会は、「侵略戦争」論を否定して「アジア解放戦争」であったと位置づけ、「東京裁判」によって強制された「自虐史観」を払拭することを目指したもので、江藤淳、西部邁、松本健一、岡崎久彦から中村粲、田中正明、名越二荒之助、中島慎三郎らを講師に招いた20回にわたる「委員会」を開催した。この委員会には若手自民党議員として安倍晋三らも参加しており、俵義文氏が指摘しているように、戦前世代の議員の歴史認識を安倍ら若手議員に引き継ぐという役割も果たした。この『大東亜戦争の総括』を踏み台として、やがて「日本の前途と歴史教育を考える若手議員の会」が右派議員によって結成され、それが「新しい歴史教科書をつくる会」などの運動につながってゆく。1990年代なかばからはじまった歴史修正主義運動の一つの出発点となったものである。

東京医科歯科大名誉教授・総山 孝雄拡大東京医科歯科大名誉教授も務めた総山孝雄氏
 この委員会で講演した論者の一人が総山孝雄だ。総山は近衛師団の将校としてインドネシアで終戦を迎え、戦後は東京医科歯科大学の教授を務めた人物。彼が林健太郎への批判として発表した「人種戦争としての二〇世紀前半のアジア史」(『正論』1994年6月号)では、「大東亜戦争」は「白人」のアジア支配への抵抗として描かれ、「日本が国の存亡を賭けた大東亜戦争によって、人類平等への歴史の新しい流れが出来てしまった。そして新しく組みなおされた国際連合において、先の国際連盟が否決した『人種平等』が、綱領の一つに掲げられるに至ったのである」と述べている。〈日本はアジアを解放した〉論者の中でも、モロに「白人」を敵として措定する、よりレイシズム色が強い論者だった。

 『大東亜戦争の総括』には、この総山の報告「弱肉強食から平等共生の時代へ――西欧のアジア侵略と大東亜戦争の意義」が収められているが、ここにククリット・プラモート記事が登場していた。

そういうふうに当初はアジア各国の人が全て日本人に感謝しておった。タイ国のククリット・プラモードという人は、もともとジャーナリストでありまして、タイ国の総理大臣もやった方ですが、この方が十二月八日の新聞の社説に、「いまアジアの人々が白人と対等に口がきけるようになったのは、日本というお母さんが、危険をおかしてアジアにたくさんの独立国を生んでくれたおかげである。この十二月八日は日本というお母さんが難産で死にそうになりながら、われわれを助けてくれた悲壮な決意の日であるということを、アジア人は決して忘れてはいけない」。そういうことを新聞の社説に書いております。(歴史・検討委員会編『大東亜戦争の総括』展転社、1995年、64頁)

 「当初はアジア各国の人が全て日本人に感謝しておった」という彼の前置きも、例によって大日本帝国のプロパガンダと彼の情緒的信念とが渾然一体となったシロモノだが、〈感謝される日本〉を裏付ける証拠として、件のククリット・プラモート記事が活用されていることがよくわかる。

 ここでは名越が記事のタイトルとして示していた「十二月八日」が、「十二月八日の新聞の社説」ということになっている。「十二月八日」が主題なのだから掲載されたのは12月8日なんだろうという雑な思い込みによるものか、明らかに総山の誤読によるものだろう。

 とはいえ、ククリット・プラモート記事を「十二月八日」掲載としてしまったことは後世に禍根を残すことになった。総山の誤読が二十数年の時を経て、百田尚樹『日本国紀』にまで流れ着くのであった。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

早川タダノリ

早川タダノリ(はやかわ・ただのり) 編集者

1974年生まれ。国民統合の技術としての各種イデオロギーに関心を持ち、戦前・戦時の大衆雑誌や政府によるプロパガンダ類をはじめ、現代の「日本スゴイ」本などを蒐集。著書に『「日本スゴイ」のディストピア――戦時下自画自賛の系譜』(朝日文庫)、『神国日本のトンデモ決戦生活』(ちくま文庫)、『「愛国」の技法――神国日本の愛のかたち』(青弓社)、『原発ユートピア日本』(合同出版)、『憎悪の広告――右派系オピニオン誌「愛国」「嫌中・嫌韓」の系譜』(合同出版、能川元一氏と共著)、『まぼろしの「日本的家族」』(青弓社、編著)などがある。