メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

「横断車道」、車遮断機…過剰な車社会の改善策

「大人」の車利用を不問に付すのは不正である

杉田聡 帯広畜産大学名誉教授(哲学・思想史)

交差点の手前に設けられたハンプを通過する車。ほとんどの車が速度をゆるめていた=八幡市拡大交差点の手前に設けられたハンプを通過する車。ほとんどの車が速度をゆるめる=八幡市

横断歩道は「横断車道」にすべきだ

 歩行者にとって最も危険なのは交差点である。横断歩道がある場合でもそうだが、それが信号機つきだったとしても一定の確率で「事故」の発生を防ぐことはできない。それは4月下旬におきた4つの事故が事実をもって示した。

 横断歩道も一般の歩道なみに1段高くし、あくまで歩道としての機能を高めるべきである。車道を横切るゆるやかな円弧状のでっぱり(ハンプ)を目にすることがあるが、その上を横断歩道にするなら、安全性はどれだけ高まるだろう。運転者にとっては、自らが被りうる危険を考えずにそこを渡ることはできないからである。

 もちろん、今回池袋でおきたような事故では、運転者が横断歩道をそれとして認知しておらず、そうした場合に事故は防ぎようがない。だが総じて横断歩道が、横断歩道としての明確な自覚なしに渡ろうとすれば運転者に危害がおよぶ構造になっていれば、その横断に際して、運転者の慎重さは今よりはるかに増す。

 そのように歩道なみに高くした横断歩道を、私は「横断車道」と呼んでいる。歩行者が一時的に車道に降り、車道の一部を借りて道を渡るのではなく、逆に車の側が、1段高い本来の歩道を一時的に借りて横断するという考えに立てば、そう呼んで視点の転換をはかるのが望ましい。

横断歩道には「車遮断機」を設置せよ

 もちろんこれは「机上の論理」であることは認める。横断歩道を1段高くすれば、歩行者信号が赤の場合でも車の走行につねに影響が出るからである。私はそれでもよいと思うが(特に比較的交通量の少ない交差点の場合には)、現状からすれば実現はほとんど困難であろう。

杉田『道路行政失敗の本質―〈官僚不作為〉は何をもたらしたか』平凡社新書(2003年)213頁拡大【イラスト1】杉田聡『道路行政失敗の本質――〈官僚不作為〉は何をもたらしたか』(平凡社新書、213頁)より=筆者提供
 だが車側の信号が青の場合に、横断歩道通過に影響が出ないようにすることは可能である。横断歩道を
・・・ログインして読む
(残り:約2887文字/本文:約4853文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

杉田聡

杉田聡(すぎた・さとし) 帯広畜産大学名誉教授(哲学・思想史)

1953年生まれ。帯広畜産大学名誉教授(哲学・思想史)。著書に、『福沢諭吉と帝国主義イデオロギー』(花伝社)、『逃げられない性犯罪被害者——無謀な最高裁判決』(編著、青弓社)、『レイプの政治学——レイプ神話と「性=人格原則」』(明石書店)、『AV神話——アダルトビデオをまねてはいけない』(大月書店)、『男権主義的セクシュアリティ——ポルノ・買売春擁護論批判』(青木書店)、『天は人の下に人を造る——「福沢諭吉神話」を超えて』(インパクト出版会)、『カント哲学と現代——疎外・啓蒙・正義・環境・ジェンダー』(行路社)、『「3・11」後の技術と人間——技術的理性への問い』(世界思想社)、『「買い物難民」をなくせ!——消える商店街、孤立する高齢者』(中公新書ラクレ)、など。

杉田聡の記事

もっと見る