メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

「三谷かぶき」ができるまで(下の一)

群像劇の魅力あふれる

山口宏子 朝日新聞記者

大黒屋光太夫は頼りない

 船の上のやりとりから、次第に船乗りたちの人柄がみえてくる。

 頭(かしら)の光太夫(松本幸四郎)は、実は経験不足で少々頼りない。

 庄蔵(市川猿之助)は不満ばかり口にしているが、愚痴の言い方は気が利いていて、この人の怜悧さがよく分かる。

 一人髷を落とさなかった新蔵(片岡愛之助)は自分勝手を貫いている。

 小市(市川男女蔵)は嵐の時に頭を打って、ぼんやりしたまま。最年長の久右衛門(坂東弥十郎)は好人物だが頑固だ。船親司(ふなおやじ)の三五郎(松本白鸚)は頼りになり、その息子の磯吉(市川染五郎)はまだ幼さが残る。

 この先、17人の仲間たちは、栄養不良や寒さなどで次々と命を落とす。

・・・ログインして読む
(残り:約1377文字/本文:約2545文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

山口宏子

山口宏子(やまぐち・ひろこ) 朝日新聞記者

1983年朝日新聞社入社。東京、西部(福岡)、大阪の各本社で、演劇を中心に文化ニュース、批評などを担当。演劇担当の編集委員、文化・メディア担当の論説委員も。武蔵野美術大学非常勤講師。共著に『蜷川幸雄の仕事』(新潮社)。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

山口宏子の記事

もっと見る