メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

小西遼生インタビュー/下

舞台『オリエント急行殺人事件』、……だから名作なんだなと

真名子陽子 ライター、エディター


小西遼生インタビュー/上

演じる側になると自分なりの正解を出さなきゃいけない

拡大小西遼生=岩田えり 撮影

――結末がとても印象的だったのですが、どんな風に捉えましたか?

 面白い謎解きミステリーの結末って基本的に驚くものってイメージなんですけれど、この作品は驚き以上に感動しました。「なるほど~」ではなく、泣きそうになる感情がこみ上げてきたんです。身を任せて読み進めていったらいつの間にか感動していたという感じ。だから名作なんだなと。今回、改めて読み直しましたけど、やはり感動しましたし、一人ひとりのキャラクターに感情移入します。揺さぶられる感情のスケールも大きいですよね。

――スケールが大きい……確かに、ポアロが下した結末には驚き、おっしゃるようにある意味感動しました。

 とても特殊な結末だったと思います。以前はその結末に対して、正解を探らずに本を閉じましたが、演じる側になると自分なりの正解を出さなきゃいけないんですね。ただ、今はまだ台本も完成していないですし、もちろん正解もわかっていないです。今回の舞台ではどうやって見せるのか……もっと役を掴んでからでないとわからないですね。

LIVEは僕にしかできないことを感じて頂きたい

拡大小西遼生=岩田えり 撮影

――話は変わりますが、LIVEで全国を回られていましたね。

 そうなんです。以前から結構LIVEはやっているんですが、今回は7都市をまわりました。僕の中で音楽はとても大事な要素になってて。ミュージカルナンバーを歌うようなコンサートではなく、自分で曲を創ってバンドアレンジをしたり、自分自身で創作し、表現をすることに今は拘っています。貴重な時間を割いて、僕の“何か”を楽しみに来てくださる皆さまに、僕にしかできないことでお客さまにお返しをして、何かを感じて帰って頂きたいという思いでやっています。

 今回のLIVEツアーでは新しい曲をたくさん創りました。CDに収録している曲を聴きたいという方もたくさん居らしたとは思うんですが、ちょっとした考えもあり、今回は皆さんにとっても新しい刺激になるようなLIVEにしたいと思って、ほぼ全編新曲で構成しました。

◆公演情報◆
『オリエント急行殺人事件』
大阪:2019年7月26日(金)~7月28日(日) 森ノ宮ピロティホール
名古屋:2019年8月1日(木)~8月2日(金) ウィンクあいち 大ホール
東京:2019年8月9日(金)~8月18日(日) サンシャイン劇場
一般発売:6月16日(日)10:00~
公式ホームページ
公式twitter
[スタッフ]
演出:河原雅彦
Agatha Christie MURDER ON THE ORIENT EXPRESS
Adapted for the stage by Ken Ludwig
[出演]
小西遼生 室龍太(関西ジャニーズJr.) 春風ひとみ 伊藤純奈(乃木坂46) 宍戸美和公 松村武 伊藤梨沙子 田鍋謙一郎 マルシア 田口トモロヲ
〈小西遼生プロフィル〉
2005年、特撮 TVドラマ『牙狼』に、主人公・冴島鋼牙役で出演。2007年、ミュージカル『レ・ミゼラブル』でマリウス役を演じ脚光を浴びる。TVドラマ、映画、舞台、LIVEと活動範囲は広い。最近の舞台出演作品は、『ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812』、ミュージカル『 生きる』、Japanese Musical『戯伝写楽2018』、音楽劇『魔都夜曲』など。8月24・25日に『KONISHI RYOSEI LIVE 2 DAYS − 空想改革 −』を開催。2020年1月にはミュージカル『フランケンシュタイン』再演への出演が決まっている。
小西遼生オフィシャルサイト
小西遼生オフィシャルブログ

・・・ログインして読む
(残り:約1445文字/本文:約3036文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

真名子陽子

真名子陽子(まなご・ようこ) ライター、エディター

大阪生まれ。ファッションデザインの専門学校を卒業後、デザイナーやファッションショーの制作などを経て、好奇心の赴くままに職歴を重ね、現在の仕事に落ち着く。レシピ本や観光情報誌、学校案内パンフレットなどの編集に携わる一方、再びめぐりあった舞台のおもしろさを広く伝えるべく、文化・エンタメジャンルのスターファイルで、役者インタビューなどを執筆している。

真名子陽子の記事

もっと見る