メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

無料

「上皇」誕生の年に読む中世史の魅力と警鐘

松澤 隆 編集者

 3年前の7月、当時の天皇の「退位」(譲位)の意向が明らかになって以来、個人的には元号選定よりも「上皇」誕生に、関心が深まった。遠い少年時代に観た大河ドラマ「新・平家物語」(1972年)で、不遇の崇徳上皇(田村正和)に尽くす一庶民の麻鳥(緒形拳)に感銘を受けたことが思い出され、「草燃える」(1979年)で、初代尾上辰之助が演じた後鳥羽上皇の強烈な存在感が、蘇ってきた。そんなわけで、「上皇」という響きに歳を忘れ、いささかときめいた次第。

 ところが、歴史専門家でも「画期」と告白している人を知り、心強かった。〈中世史を研究する者として、「上皇」の誕生に立ち会えることは驚きであり、喜び〉。これは、坂井孝一『承久の乱――真の「武者の世」を告げる大乱』(中公新書)の「あとがき」の一節だ。2018年末刊行の同書を、「あとがき」に(も)惹かれ購入したものの、当時は同じ中公新書『観応の擾乱――室町幕府を二つに裂いた足利尊氏・直義兄弟の戦い』(亀田俊和)を読んだばかり。中世モノ続きに躊躇があった。

2冊の『承久の乱』を読み比べる

 さて、そうこうしていると、本郷和人『承久の乱――日本史のターニングポイント』(文春新書)が登場した。同名本(しかも実用書や参考書でなく新書)が、別版元からほぼ同時期に出るとは珍しいなと呑気に過ごしていると、最近、本郷恵子『院政――天皇と上皇の日本史』(講談社現代新書)が出た。坂井氏、本郷ご夫妻、共に一面識もないが、何かに突き動かされるように3冊続けて読んでしまった。それぞれ面白かった。

坂井孝一『承久の乱――真の「武者の世」を告げる大乱』(中公新書)と本郷和人『承久の乱――日本史のターニングポイント』(文春新書)拡大坂井孝一『承久の乱――真の「武者の世」を告げる大乱』(中公新書)と本郷和人『承久の乱――日本史のターニングポイント』(文春新書)
 まず『承久の乱』2冊の違いは、語り口と構成。坂井は、院政の端緒となった(外戚が藤原氏でない)後三条天皇から悠然と書き起こし、徐々に佳境へと誘う。本郷は、鎌倉幕府の本質を明快に掲げ、鮮やかな逸話を次々と示す。さながら壮麗なフルコースを味わう愉悦と、対面でシェフが繰り出すお勧め料理に舌鼓を打つ快楽か(分量は坂井>本郷)。

 両者共に、後鳥羽が文武に秀でた歴代屈指の英主だったことは認める。その上で坂井は、後鳥羽―将軍実朝の信頼関係を評価。それだけに、実朝横死の衝撃と事後のストレスは激しく、地頭の異動や大内裏再建計画に応じない執権・北条義時に対し後鳥羽は不満を募らせ、反北条勢の決起を促して〈義時の追討〉の院宣を発した。ただし〈「倒幕」の2文字〉は読み取らない。

 一方の本郷は、〈義時を排除することだけが目的で、鎌倉幕府の存在そのものを否定したわけではないという説〉は〈成り立たない〉、と断じる。なぜなら〈幕府の実態〉が、もはや〈北条義時とその仲間たち〉であり、〈義時を討つことは鎌倉幕府を否定することと同じ〉だから。要するに、そもそも抱いていた幕府体制をコントロールできるという後鳥羽の自信は、実朝の死を機に朝廷中心の秩序回復への強い意思=倒幕に転じた、ということらしい。


関連記事

筆者

松澤 隆

松澤 隆(まつざわ・たかし) 編集者

みすず書房で出版営業、表現研究所(現・小学館クリエイティブ)で編集全般、春秋社で書籍編集に従事し、その後フリー。企画・編集した主な書籍は、佐治晴夫『からだは星からできている』『14歳のための時間論』、小山慶太『星はまたたき物語は始まる』、鎌田浩毅『マグマという名の煩悩』、立川談志『世間はやかん』など(以上すべて春秋社刊)。