メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

お年寄りほどいい俳優はいない

高齢者、認知症と楽しく生きる俳優の覚え書き(2)

菅原直樹 俳優・介護福祉士

介護と演劇拡大介護のイメージを覆すOiBokkeShiの演劇「BPSD:ぼくのパパはサムライだから」(2016年)。寝たきりの老人はサムライの格好をしている

 「介護と演劇は仲がいい!」

 その直感は、介護の仕事に専念してから確信に変わった。それは「介護者は俳優になった方がいい」と「お年寄りほどいい俳優はいない」という二つの実感を持ったからだ。

 「介護者は俳優になった方がいい」については、前回、この連載で詳しく書いた。認知症の人を介護する時には、現実や論理にこだわるのではなく、感情に寄り添う関わり方があってもいいのではないか、という考え方だ。それはまさに演技すること、俳優になることだ。

歩いている姿に「負ける」

 「お年寄りほどいい俳優はいない」。これは老人ホームで働き始めて、すぐに感じたことだった。

 老人ホームの廊下で腰が曲がったおばあさんとすれ違ったとき、そのゆったりとした歩みに思わず興奮してしまった。あまりの存在感に「俳優として負ける」と思ったのだ。

介護と演劇拡大三好春樹著『老人介護 じいさん・ばあさんの愛しかた』(新潮文庫)

 理学療法士の三好春樹さんは、著書『老人介護 じいさん・ばあさんの愛しかた』(新潮文庫)で、「年をとると個性が煮詰まるのだ。真面目な人はますます真面目に、頑固はますます頑固に、そしてスケベはますますスケベに」と書いている。確かに、僕が老人ホームで出会ったお年寄りはみな個性的な人々だった。

 歩いている姿に、その人の個性や人生がにじみ出ているような気がした。お年寄りは歩いているだけで観客を惹きつける最高のパフォーマーなのではないか。

 お年寄りに話を聞くと、80年90年と生きてきた人々なので、人生のストーリーが膨大にある。僕には想像もできないような、激動の時代を生きてきた人々ばかりだ。シベリア抑留の経験があったり、満州で青春時代を過ごしたり、「女性で初めて警察官になった」と話してくれた人もいた。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

菅原直樹

菅原直樹(すがわら・なおき) 俳優・介護福祉士

1983年宇都宮市生まれ。 「老いと演劇」OiBokkeShi主宰。 2010年より特別養護老人ホームの介護職員として勤務。12年、東日本大震災を機に岡山県に移住。認知症ケアに演劇的手法を活用した「老いと演劇のワークショップ」を全国各地で展開している。 18年度芸術選奨文部科学大臣賞新人賞(芸術振興部門)を受賞。

菅原直樹の記事

もっと見る