メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

無料

「ボクラ少国民」が読み解く「修身教科書」と現在

野上 暁 評論家・児童文学者

「ボクラ少国民」シリーズ

戦時中の雑誌、絵本、漫画など拡大山中恒さんが集めた戦時中の雑誌、絵本、漫画など
 1974年、戦後30年を前に山中は、初等教育を通して自分たち男子に「天皇の醜の御盾となりて死ぬこと」を奨励し、女子には「銃後の妻となり靖国の母となる」ことが最高の名誉であると徹底的に教え、その学習と生活の全てが「天皇陛下の御爲」「臣民の道」へ通ずるように躾(しつ)けた神がかり的な「呪術」が、教育の名においてなされた実態は何だったかを、当時の少国民の立場から徹底的に検証した『ボクラ少国民』(辺境社)を刊行する。

 それはまた、「かつてぼくらが〈少国民〉と呼ばれた時期に、文学を道具にぼくらに向かって〈思想善導〉なるものをし、〈八紘一宇の精神〉やら〈大東亜共栄圏確立〉の使命を説き、今日もなお教育機関やら児童文学界にあって、一方では創作を続け、児童文学賞の審査員に名を連ね、児童文壇の長老とよばれながら、〈思想善導〉を続ける人たち」に対する痛烈な批判ともなるものだった。山中が、児童文学作家と紹介されることを頑なに拒否し、「児童読み物作家」を自称し続けてきたのはそのためだったのだ。

 戦後まもなく、文学者の戦争責任が厳しく追及され、戦争責任論争が起こるのだが、子どもの本の世界では問題提起されたものの、あっという間に雲散霧消し、戦時下に活躍した作家や戦時下にデビューした若手作家たちが戦後の児童文学界を牽引してきたことに対する、少国民世代としての山中の違和感の表明でもあった。そこでは「芸術的児童文学」を標榜し、「芸術」の美名のもとで、子ども読者は作品を読むことによって〈思想善導〉〈訓育〉される対象でしかなく、天皇制ファシズム下の読者であろうと、民主主義を標榜する社会の読者であろうと、全く同じ感覚でとらえられていてその矛盾に無自覚であることを痛打したのだ。

 「〈ボクラ少国民〉にとって敗戦は、それまでの天皇制に裏打ちされた価値体系の破産に見えた。しかし、おとなは敏速にそれを弥縫し潜在的に維持し続けた」。「おとなは決して敗けはしなかったのだ。そこから裏切りが続けられているのだ」。「そして裏切り続けたおとなたちが、再び新たなる裏切りを計画する危惧があるとき、〈ボクラ少国民〉世代は負け続け、裏切られ続けていることを不問にしておくべきなのだろうか。これは子ども期の怨念に対しての裏切り、自らへの裏切りであると考える。〈ボクラ少国民〉世代は、その〈ボクラ少国民〉期を、再度白日のもとに晒して、その怨念をして今日の状況を捉え直す必要があるのではないか」。「それは単に天皇制ファシズムの本質を追求するばかりではなく同時に、戦後民主主義の本質的意義を問う手がかりを提供することになる」と山中は記す。

 この『ボクラ少国民』を第一部として、「ボクラ少国民」シリーズは、『御民ワレ』『撃チテシ止マム』『欲シガリマセン勝ツマデハ』『勝利ノ日マデ』と1980年3月までに第五部まで書き継がれ辺境社から刊行される。第一部は396頁だったが、第4部の710頁を最高にいずれも500ページ前後のボリュームである。ここに補巻が1冊加わり全5部+補巻1で「ボクラ少国民」シリーズは完結した。

 その後も、『少国民ノート』『少国民ノート 第2』『少国民ノート 第3』(辺境社)、『少国民の名のもとに』(小学館)、『ボクラ少国民と戦争応援歌』(音楽之友社)、『山中恒 少国民文庫1~3』(辺境社)など、少国民関係の本をたくさん刊行する。山中はこのとき収集した戦時下の膨大な資料を基に、『アジア・太平洋戦争史――同時代人はどう見ていたか』(岩波書店)、『新聞は戦争を美化せよ!――戦時国家情報機構史』(小学館)などの大著も出版している。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

野上 暁

野上 暁(のがみ・あきら) 評論家・児童文学者

1943年生まれ。本名、上野明雄。小学館で子ども雑誌、児童図書、文芸書、学術書などの編集部門を担当。著書に『おもちゃと遊び』(現代書館)、『「子ども」というリアル』『日本児童文学の現代へ』(ぱろる舎)、『子ども学 その源流へ』(大月書店)、『越境する児童文学』(長崎書店)など。編著に『わたしが子どものころ戦争があった――児童文学者が語る現代史』(理論社)、『子どもの本ハンドブック』(三省堂)、『いま子どもに読ませたい本』(七つ森書館)など。日本児童文学学会会員。日本ペンクラブ常務理事。

※プロフィールは、論座に執筆した当時のものです